ベイの2人にもボコられ 巨人戦がセ助っ人の“草刈場”と化す

公開日:

 巨人先発の野上亮磨(30)が炎上した。

 先発した6日のDeNA戦の初回、この日昇格し、初スタメンのソトに左越え二塁打を浴びて1点を失うと、4番のロペスの打球は左翼ポール際へ。リプレー検証の結果、ファウルになったものの、再開直後に再び左中間スタンドへ放り込まれ、4点を失った。三回にもソトにバックスクリーンへブチ込まれた野上は、2回3分の0を7安打7失点。FA移籍後最短のKO劇となった。この日の巨人はロペスにも4安打を打たれ、助っ人2人に2発を含む6安打5打点とボコボコ。ゴールデンウイーク9連戦を黒星で終えたが、実はこの2人だけではない。

 巨人の投手陣は外国人選手によく打たれている。規定打席に到達している助っ人の巨人戦の打率は、ロペス・441、アルモンテ(中日)・421、ビシエド(中日)・417、バレンティン(ヤクルト)・316、ロサリオ(阪神)・292。規定打席には届いていないものの、バティスタ(広島)にも・333。セ・リーグの助っ人にとって巨人戦は、数字を稼ぐ「草刈り場」と化しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る