ベイの2人にもボコられ 巨人戦がセ助っ人の“草刈場”と化す

公開日: 更新日:

 巨人先発の野上亮磨(30)が炎上した。

 先発した6日のDeNA戦の初回、この日昇格し、初スタメンのソトに左越え二塁打を浴びて1点を失うと、4番のロペスの打球は左翼ポール際へ。リプレー検証の結果、ファウルになったものの、再開直後に再び左中間スタンドへ放り込まれ、4点を失った。三回にもソトにバックスクリーンへブチ込まれた野上は、2回3分の0を7安打7失点。FA移籍後最短のKO劇となった。この日の巨人はロペスにも4安打を打たれ、助っ人2人に2発を含む6安打5打点とボコボコ。ゴールデンウイーク9連戦を黒星で終えたが、実はこの2人だけではない。

 巨人の投手陣は外国人選手によく打たれている。規定打席に到達している助っ人の巨人戦の打率は、ロペス・441、アルモンテ(中日)・421、ビシエド(中日)・417、バレンティン(ヤクルト)・316、ロサリオ(阪神)・292。規定打席には届いていないものの、バティスタ(広島)にも・333。セ・リーグの助っ人にとって巨人戦は、数字を稼ぐ「草刈り場」と化しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る