ベイの2人にもボコられ 巨人戦がセ助っ人の“草刈場”と化す

公開日:

 巨人先発の野上亮磨(30)が炎上した。

 先発した6日のDeNA戦の初回、この日昇格し、初スタメンのソトに左越え二塁打を浴びて1点を失うと、4番のロペスの打球は左翼ポール際へ。リプレー検証の結果、ファウルになったものの、再開直後に再び左中間スタンドへ放り込まれ、4点を失った。三回にもソトにバックスクリーンへブチ込まれた野上は、2回3分の0を7安打7失点。FA移籍後最短のKO劇となった。この日の巨人はロペスにも4安打を打たれ、助っ人2人に2発を含む6安打5打点とボコボコ。ゴールデンウイーク9連戦を黒星で終えたが、実はこの2人だけではない。

 巨人の投手陣は外国人選手によく打たれている。規定打席に到達している助っ人の巨人戦の打率は、ロペス・441、アルモンテ(中日)・421、ビシエド(中日)・417、バレンティン(ヤクルト)・316、ロサリオ(阪神)・292。規定打席には届いていないものの、バティスタ(広島)にも・333。セ・リーグの助っ人にとって巨人戦は、数字を稼ぐ「草刈り場」と化しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る