• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連敗4で止める快投 虎から来た榎田が“獅子の救世主”に成長

 チームにとっては、まさに「救世主」と言っても過言ではあるまい。

 西武は13日の試合前まで4連敗。ソフトバンクに2試合連続完封負けを食らい、さらにロッテ戦も2試合続けて先発が炎上した。そんな悪循環を断ち切ったのが、前阪神の榎田大樹(31)だ。

 ロッテ打線を散発の4安打に抑え、7回無失点で今季4勝目。防御率1.30で開幕から負けなしである。開幕直前の3月、左腕不足の西武と、右腕の先発が欲しい阪神の思惑が一致。西武は岡本洋介を放出し、榎田を獲得した。

 榎田はルーキーイヤーの2011年は中継ぎとして62試合に出場し、監督推薦でオールスターにも出場。それが近年は出番が減少し、昨季はたったの3試合だった。

 ある阪神OBが言う。

「スライダーのキレがよく、右打者の内角を突けるのが持ち味。微妙なコントロールはないが、パは積極的に振ってくる打者が多いので、うまくハマっている。何より、榎田にとっては環境が変わったことが大きい。阪神は在阪メディアの注目度が高く、現場も目先の結果ばかりを追い求めがち。16年に金本監督が就任してからは、いよいよその傾向が強くなり、選手も萎縮している。藤浪などはその典型でしょう。その点、西武は、のびのびとプレーができる球団ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る