連敗4で止める快投 虎から来た榎田が“獅子の救世主”に成長

公開日: 更新日:

 チームにとっては、まさに「救世主」と言っても過言ではあるまい。

 西武は13日の試合前まで4連敗。ソフトバンクに2試合連続完封負けを食らい、さらにロッテ戦も2試合続けて先発が炎上した。そんな悪循環を断ち切ったのが、前阪神の榎田大樹(31)だ。

 ロッテ打線を散発の4安打に抑え、7回無失点で今季4勝目。防御率1.30で開幕から負けなしである。開幕直前の3月、左腕不足の西武と、右腕の先発が欲しい阪神の思惑が一致。西武は岡本洋介を放出し、榎田を獲得した。

 榎田はルーキーイヤーの2011年は中継ぎとして62試合に出場し、監督推薦でオールスターにも出場。それが近年は出番が減少し、昨季はたったの3試合だった。

 ある阪神OBが言う。

「スライダーのキレがよく、右打者の内角を突けるのが持ち味。微妙なコントロールはないが、パは積極的に振ってくる打者が多いので、うまくハマっている。何より、榎田にとっては環境が変わったことが大きい。阪神は在阪メディアの注目度が高く、現場も目先の結果ばかりを追い求めがち。16年に金本監督が就任してからは、いよいよその傾向が強くなり、選手も萎縮している。藤浪などはその典型でしょう。その点、西武は、のびのびとプレーができる球団ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る