連敗4で止める快投 虎から来た榎田が“獅子の救世主”に成長

公開日:

 チームにとっては、まさに「救世主」と言っても過言ではあるまい。

 西武は13日の試合前まで4連敗。ソフトバンクに2試合連続完封負けを食らい、さらにロッテ戦も2試合続けて先発が炎上した。そんな悪循環を断ち切ったのが、前阪神の榎田大樹(31)だ。

 ロッテ打線を散発の4安打に抑え、7回無失点で今季4勝目。防御率1.30で開幕から負けなしである。開幕直前の3月、左腕不足の西武と、右腕の先発が欲しい阪神の思惑が一致。西武は岡本洋介を放出し、榎田を獲得した。

 榎田はルーキーイヤーの2011年は中継ぎとして62試合に出場し、監督推薦でオールスターにも出場。それが近年は出番が減少し、昨季はたったの3試合だった。

 ある阪神OBが言う。

「スライダーのキレがよく、右打者の内角を突けるのが持ち味。微妙なコントロールはないが、パは積極的に振ってくる打者が多いので、うまくハマっている。何より、榎田にとっては環境が変わったことが大きい。阪神は在阪メディアの注目度が高く、現場も目先の結果ばかりを追い求めがち。16年に金本監督が就任してからは、いよいよその傾向が強くなり、選手も萎縮している。藤浪などはその典型でしょう。その点、西武は、のびのびとプレーができる球団ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る