連敗4で止める快投 虎から来た榎田が“獅子の救世主”に成長

公開日:

 チームにとっては、まさに「救世主」と言っても過言ではあるまい。

 西武は13日の試合前まで4連敗。ソフトバンクに2試合連続完封負けを食らい、さらにロッテ戦も2試合続けて先発が炎上した。そんな悪循環を断ち切ったのが、前阪神の榎田大樹(31)だ。

 ロッテ打線を散発の4安打に抑え、7回無失点で今季4勝目。防御率1.30で開幕から負けなしである。開幕直前の3月、左腕不足の西武と、右腕の先発が欲しい阪神の思惑が一致。西武は岡本洋介を放出し、榎田を獲得した。

 榎田はルーキーイヤーの2011年は中継ぎとして62試合に出場し、監督推薦でオールスターにも出場。それが近年は出番が減少し、昨季はたったの3試合だった。

 ある阪神OBが言う。

「スライダーのキレがよく、右打者の内角を突けるのが持ち味。微妙なコントロールはないが、パは積極的に振ってくる打者が多いので、うまくハマっている。何より、榎田にとっては環境が変わったことが大きい。阪神は在阪メディアの注目度が高く、現場も目先の結果ばかりを追い求めがち。16年に金本監督が就任してからは、いよいよその傾向が強くなり、選手も萎縮している。藤浪などはその典型でしょう。その点、西武は、のびのびとプレーができる球団ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る