緊急降板翌日に練習 松坂大輔の探究心に中日コーチも脱帽

公開日: 更新日:

 改めて離脱を否定した。

 13日の巨人戦で右ふくらはぎの張りを訴え、三回途中で降板した松坂大輔(37)。一夜明けた14日、ナゴヤドームでの投手練習に参加した。ジョギングやキャッチボールをこなし、「次の試合に支障はない。(当初予定されていた通り20日の)日曜日(阪神戦)に投げるつもりで調整する」と軽症を強調。朝倉投手コーチも「全然問題ないでしょう」と話した。

 ソフトバンク時代、右肩の不調から3年間で1度しか登板しなかった「歴史」が、周囲を不安にさせる。しかし、松坂と「ふくらはぎ」は西武時代からの長い付き合い。足がつったり、張りを訴えることも多かった。自ら訴えた降板が「限界」ではなく次につなげる「予防」だとすれば、その判断は豊富な経験に基づくもの。朝倉コーチが「一流の方なので、練習のやり方や量に関しては任せています」と言うように、チーム全体に与えられた練習メニューを除けば、調整法は本人の判断に委ねられている。そのひとつが、試合前に投手陣が外野で行う練習だ。山本昌(50歳で引退)や岩瀬(43歳で現役)ら多くのベテランを見てきた勝崎コンディショニングコーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る