ラグビーW杯 ルーマニア出場取り消しが日本代表に飛び火

公開日:

 2019年ラグビーW杯での日本の開幕戦の相手が変更された。

 代表資格のない選手を出場させた欧州予選1位のルーマニアが出場権を取り消され、代わって同予選3位のロシアが繰り上がりで出場。ルーマニアは7人制のトンガ代表歴がある選手を予選6試合で起用したという。

 ラグビーでは、その国の代表になるには「36カ月継続して居住する」などの条件を満たせば、国籍は問われない。これまで日本代表も多くの外国出身選手を補強。日本協会が5日に発表した今季の代表候補40人のうち、海外勢は14人を占めており、今回のルーマニアのケースは対岸の火事として済まされない。19年W杯本番までに日本代表入りの資格を満たす選手が4人もおり、中心選手として期待される南アフリカ人FWも含まれているからだ。

 今季、スーパーラグビーでも活躍した(5月上旬に契約満了)FLのピーター・ラブスカフニ(29=クボタ)だ。ラブスカフニは16年に来日し、19年には「居住3年以上」の代表入り条件を満たす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る