• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビーW杯 ルーマニア出場取り消しが日本代表に飛び火

 2019年ラグビーW杯での日本の開幕戦の相手が変更された。

 代表資格のない選手を出場させた欧州予選1位のルーマニアが出場権を取り消され、代わって同予選3位のロシアが繰り上がりで出場。ルーマニアは7人制のトンガ代表歴がある選手を予選6試合で起用したという。

 ラグビーでは、その国の代表になるには「36カ月継続して居住する」などの条件を満たせば、国籍は問われない。これまで日本代表も多くの外国出身選手を補強。日本協会が5日に発表した今季の代表候補40人のうち、海外勢は14人を占めており、今回のルーマニアのケースは対岸の火事として済まされない。19年W杯本番までに日本代表入りの資格を満たす選手が4人もおり、中心選手として期待される南アフリカ人FWも含まれているからだ。

 今季、スーパーラグビーでも活躍した(5月上旬に契約満了)FLのピーター・ラブスカフニ(29=クボタ)だ。ラブスカフニは16年に来日し、19年には「居住3年以上」の代表入り条件を満たす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る