世界卓球女子 突然の南北合同チームで“メダル獲得”の是非

公開日:  更新日:

「まさか世界選手権という大舞台でこんなことが認められるとは……」

 こう言って呆れ顔なのが、早大スポーツCSR研究会の松野弘会長だ。

 卓球の世界選手権(スウェーデン・ハルムスタード)女子団体戦の日本は4日、前日に急きょ結成が決まった韓国と北朝鮮の南北合同チーム「コリア」と対戦。3―0で勝ち銀メダル以上が確定した。5日の決勝は中国相手に47年ぶりの金メダルに挑む。

 それにしても腑に落ちないのは、銅メダルを手にした「コリア」だ。Cグループ2位で決勝トーナメントに進出した北朝鮮はロシアを破り、準々決勝でDグループ1位の韓国と対戦するはずだった。ところが、両国は何の前触れもなく合同チーム結成を要望し、国際卓球連盟(ITTF)がそれを認めたことでチーム「コリア」が誕生。大会には3位決定戦がないため、この時点で銅メダル以上が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る