世界卓球女子 突然の南北合同チームで“メダル獲得”の是非

公開日: 更新日:

「まさか世界選手権という大舞台でこんなことが認められるとは……」

 こう言って呆れ顔なのが、早大スポーツCSR研究会の松野弘会長だ。

 卓球の世界選手権(スウェーデン・ハルムスタード)女子団体戦の日本は4日、前日に急きょ結成が決まった韓国と北朝鮮の南北合同チーム「コリア」と対戦。3―0で勝ち銀メダル以上が確定した。5日の決勝は中国相手に47年ぶりの金メダルに挑む。

 それにしても腑に落ちないのは、銅メダルを手にした「コリア」だ。Cグループ2位で決勝トーナメントに進出した北朝鮮はロシアを破り、準々決勝でDグループ1位の韓国と対戦するはずだった。ところが、両国は何の前触れもなく合同チーム結成を要望し、国際卓球連盟(ITTF)がそれを認めたことでチーム「コリア」が誕生。大会には3位決定戦がないため、この時点で銅メダル以上が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る