47歳の野仲茂が初日単独首位 シニア直前プロの勢い止まず

公開日:  更新日:

【関西オープン 初日】

 先週の男子ツアー日本プロは50歳の谷口徹が勝ち、“国内メジャー”最年長優勝記録を更新して話題になった。それに続けとばかりに、シニア入り直前の40代プロが勢いづいている。

 初日は47歳の野仲茂が5バーディー、ノーボギーの67で回り、5アンダーで単独トップに立った。

「谷口さんとは次元が違う」と前置きしながら、「ドカンドカン打っていくコースより、こういう攻めるコース、攻めがいのある技を使うようなコースなので対応できた」と好発進を振り返った。

 野仲は21年前には平均ドライバー飛距離が281.25ヤード。いまでは262ヤードと20ヤード近く落ちている。すると、ドライバーを振り回すのではなく、できること、できないことの攻略法がより明確になる。「グリーンに乗らないことが多くアプローチでしのぐことが多い」と日頃の練習ではショートゲームに磨きをかけていたのだ。それがノーボギーにつながっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る