鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

ブラジル代表ネイマール 個人技に走っても不満は出ない

公開日: 更新日:

 ブラジルの絶対的エースであるFWネイマールが、才能をフルに発揮したら――。ロシアW杯は「ネイマールの大会」と呼ばれるだろう。 

 ハイレベルなテクニック、スピード、意外性のあるフェイント、鋭いドリブル突破力、精度の高いシュート力……。アタッカーに求められる能力のすべてを有している選手と言っていい。

 2月に26歳となり、フィジカルの成長も目覚ましい。4年前の母国開催W杯のときと比べると要所に筋肉がガッチリとつき、所属する仏リーグでもコンタクトプレーで負けるシーンは激減。 

 これまでのように「アイデアあふれるプレーをこれ見よがしに披露しないと気が済まない」ケースも影をひそめた。

 もちろん、複数の相手に囲まれると逆に「抜き去ってシュートに持ち込んでやる」と言わんばかりの自己中心的なプレーが見られなくなったわけではないし、厳しいマークでボールをロストすることもある。しかし、その局面を抜け出してネイマールがゴールに向かった瞬間、ブラジルは数的優位の局面を作り出すことになり、ゴールの可能性は一気に高まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る