• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

ドイツ代表T・ミュラー 高い決定力はトップ下起用で生きる

 ロシアW杯は現地6月14日のロシア―サウジアラビア戦(日本時間15日午前0時開始)を皮切りに熱戦の火ぶたが切られる。そこでドイツ1部でヘッドコーチ経験のある鈴木良平氏(評論家)による「列強エース診断&泣きどころ」だ。

 ◇  ◇  ◇

 前回ブラジル大会を圧倒的な強さで制したドイツ。連覇のカギを握る選手としてバイエルン・ミュンヘン所属のMFトーマス・ミュラー(28)を挙げたい。彼はロシアW杯で5ゴールを決めたら「3大会連続5得点」というW杯史上初の快挙を達成することになる。その可能性は?

「ミュラーをトップ下で使えば偉業を成し遂げる確率は飛躍的に高まる」と思っている。

 ミュラーの主戦場は右サイドアタッカー。トップ下には、アーセナルMFエジルが起用されることが多い。しかし、傑出した決定力を誇るミュラーをトップ下で使わない手はない。サイドアタッカーで「ラストパスの出し手」に専念させるのではなく、シュートにも絡んでいけるトップ下に置くことが、何よりもドイツ代表の得点力アップにつながっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る