鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

ドイツ代表T・ミュラー 高い決定力はトップ下起用で生きる

公開日:

 ロシアW杯は現地6月14日のロシア―サウジアラビア戦(日本時間15日午前0時開始)を皮切りに熱戦の火ぶたが切られる。そこでドイツ1部でヘッドコーチ経験のある鈴木良平氏(評論家)による「列強エース診断&泣きどころ」だ。

 ◇  ◇  ◇

 前回ブラジル大会を圧倒的な強さで制したドイツ。連覇のカギを握る選手としてバイエルン・ミュンヘン所属のMFトーマス・ミュラー(28)を挙げたい。彼はロシアW杯で5ゴールを決めたら「3大会連続5得点」というW杯史上初の快挙を達成することになる。その可能性は?

「ミュラーをトップ下で使えば偉業を成し遂げる確率は飛躍的に高まる」と思っている。

 ミュラーの主戦場は右サイドアタッカー。トップ下には、アーセナルMFエジルが起用されることが多い。しかし、傑出した決定力を誇るミュラーをトップ下で使わない手はない。サイドアタッカーで「ラストパスの出し手」に専念させるのではなく、シュートにも絡んでいけるトップ下に置くことが、何よりもドイツ代表の得点力アップにつながっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る