鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

アルゼンチン代表メッシ マラドーナのように…がVへの近道

公開日: 更新日:

 世界中のサッカーファンは知っている。アルゼンチン代表FWのメッシが当代随一のプレーヤーでありながら、2005年に代表に招集されてから世界王者どころか、南米王者のタイトルも手にしていないことを――。

 30歳で自身4回目のW杯の開幕を迎えるが、プレー自体に衰えは見られない。技術レベルの高さは言うまでもない。繊細なタッチのトラップでボールを受けると緩急を織り交ぜたドリブルを仕掛けていく。その鋭い突破力は、世界最高峰と言っても差し支えない。

 独り善がりで「フィニッシュまで持ち込まないと気が済まない」タイプではない。素早いパス交換から相手DF網のギャップに侵入し、独特のタイミングでシュートを放つ。GKは反応もできずに呆然とボールを見送るシーンこそが、メッシの凄さを物語っている。

 しかし、所属するバルセロナでのメッシと母国の代表ユニホームを身にまとったメッシは「まるで別人」である。代表にはバルセロナほど「プレーの波長が合う選手がいない」と言ってしまえばそれまでだが、メッシ自身が「何とかしないといけない!」と思いつめるほどに連係の悪化につながっている。1986年W杯メキシコ大会は、天才・マラドーナがアルゼンチンに優勝をもたらした。メッシが独善的にプレーして“マラドーナとして振る舞う”ことが、もしかしたら優勝の早道かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る