小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

打倒・大阪桐蔭の可能性があるからこそ…古巣横浜に物申す

公開日: 更新日:

 投手陣はエース左腕の板川佳矢(3年)、最速150キロ左腕の及川雅貴(2年)、右腕の黒須大誠(2年)が、平田徹監督が言う「3本の矢」。左腕の松本隆之介(1年)も有望株で、まずまずの布陣と言っていい。

 それなのにコールド負けだ。前日の明秀学園日立(茨城2位)戦から連投となった板川が木更津総合戦で1回持たずにKO。平田監督の「夏に向けて板川がどれだけ連投できるかテストしたかった。思ったより悪かった」というコメントを新聞で見たが、「連投」のテストは練習試合で十分。センバツに出ていない分、関東大会で優勝し、夏へ自信を深めたかった。

■タレントは豊富だが

 野手陣の伸び悩みも気になっている。木更津総合戦で本塁打を放ったプロ注目の長南有航(3年)は、4番だったものが8番に降格。不動の主砲になれていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  2. 2

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  3. 3

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  4. 4

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  5. 5

    クレラップCM“おかっぱガール”工藤あかりさんは現役慶大生

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    ドラマ“逃げ恥”の制作会社も「令和の倒産」大都市で急増中

  8. 8

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤さん 芸人と兼ねる意外な仕事とは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る