小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

高校野球で1点を取るための「二塁走者の正解」を教えます

公開日:  更新日:

 定期的に城北高の臨時コーチを務めているため、熊本に2週間弱ほど滞在した。春の大会後にNHK杯という大会がある。去る3日に決勝が行われ、城北は0―2で敗れた。

 走者二塁のピンチ。外野手は前進して守る場面だったが、それをせずにポテンヒットで1点を失った。私は捕手に「何で前に守るよう外野に指示しないんだ」と注意した。一つ一つのプレーを徹底しないと、夏は勝ち上がれない。

 いよいよ各地の地方大会が来月に迫った。この時期は多くのプレーを総チェックすることが必要だ。例えば朝練習でバントとフリー打撃、午後の練習時間で走塁、中継プレーといった具合。ノックをやりながら守備と走塁練習を同時に行うと合理的。この時期の練習でやっておきたい「無死二塁か1死二塁で本塁へ突入する」場面で、判断が難しい2例を挙げる。

①打球が三遊間へ飛んだ時の二塁走者の判断

 目安は走者のリードが4メートル、投球してからの第2リードが4メートル。この8メートルの位置から、さらに三塁寄り「10メートル」に飛んだ打球は三遊間を抜けて左前打になる確率が高い。それなのにスタートを切らなければ三塁止まり。逆に遊撃手に捕られる打球なのにスタートを切れば、三塁でアウトになってしまう。大切なのは自分の位置から10メートルの間隔を知ること。目安は電車や教室のドアとドアの間。これがだいたい10メートルが多い。「走者になったつもりで見ろ」と私は教えている。

②一塁手、三塁手付近へライナーが飛んだ時の二塁走者の判断

 これは①より難しい。同じライナーでも二塁手や遊撃手へのライナーは、二塁走者から近く、判断しやすい。が、一塁手、三塁手へのライナーは距離があるため難しい。

 1点を争う場面で、ライナー性の打球が一、二塁間を抜ければ、二塁走者は早くスタートを切りたい。一歩遅れれば、本塁到達時に2メートルの差が出る。クロスプレーでは致命的な差である。だからといって、ライナーなのに飛び出せば、併殺となってチャンスは消える。その判断力は経験で培うしかないが、前提として「第2リードの最後の段階で右足に体重をかけること」が大切。安打の際に一歩遅れないため、スタートを早く切るためで、戻るより進むことを想定している。第2リードで三塁方向へ体重がかかった状態で帰塁するのはかなり難しい。反復練習するしかないのだ。

 これらに投手の体力強化練習なども加わる。夕方4時くらいから練習する学校なら朝練をしないと時間が足りない。高校野球において、夏の地方大会が開幕する7月10日ごろまでの1カ月間は、最も重要な期間である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る