ガーナ戦を前でも飄々顔…西野監督に“ザックの二の舞”不安

公開日: 更新日:

 30日に壮行試合としてガーナと対戦する日本代表。29日は午後5時半から西野監督が公式会見に臨んだ。

 西野監督は「模索しながらチームづくりをしている。されど待ったなしで本大会は迫っている」とコメントしたが、言葉ほどにプレッシャーを感じている様子はなく、初采配となるガーナ戦を前にして、いつも通りのポーカーフェースぶりだ。

 現役時代から西野監督を取材してきた元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「21日に始まった千葉での代表合宿でもそうでしたが、W杯監督として日本国民から大注目を受ける立場になっても、立ち居振る舞いは現役選手だった20代の頃から変わらず、飄々とした雰囲気を崩すことはなかった。ロシアでも西野監督は喜怒哀楽を出すことなく、淡々と采配を振るでしょうが、14年ブラジルW杯で指揮を執ったザッケローニ元監督の“悪しき前例”が気掛かりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る