鈴木愛4オーバー発進 “別世界”の米コースでプレー振るわず

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 昨季の日本女子ツアー賞金女王の鈴木愛(24)はアイアンの距離感が合わず、得意のパットも決まらずホールアウトした時点で4オーバー、100位タイと大きく出遅れた。

 今季は国内9戦3勝。3位以内5回と絶好調だが、4月のメジャー初戦、ANAインスピレーションは4日間で1度もアンダーパーを出せずに最下位。この日も1バーディー、5ボギーの76。左膝に痛みを抱えながらのプレーではあるが、距離が長く、洋芝のフェアウエーやアンジュレーションがきつい米国のグリーンは、常に優勝争いしている国内コースとは勝手が違う。風がなく、開幕前の大雨でグリーンにボールがよく止まる絶好のコンディションの中、思うようなプレーができず、プレー中は何度も不満顔を見せた。

「もうちょっとショットがよくなればスコアはまとまると思う。明日はいいゴルフをしたいと思う」(鈴木)

 首位は5アンダーのA・ジュタヌガーン(タイ)他2名。鈴木以外の日本勢は、畑岡奈紗、葭葉ルミ2オーバー、上原彩子3オーバー、野村敏京、香妻琴乃、蛭田みな美4オーバー、高山佳小里、川岸史果8オーバーで初日を終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    甲子園目指す強豪校選手が“代替大会”に乗り気ではない理由

もっと見る