“後輩”勝みなみをPOで下す 初V岡山絵里を支えたライバル心

公開日: 更新日:

 通算13アンダーで並んだ岡山絵里(21)と、昨年プロ入りした勝みなみ(19)のプレーオフは、1ホール目に勝が2メートルのパーパットを外して決着がついた。

「岡山は大阪商業大学高3年時にナショナルチームに入り、初めて日の丸を背負いネイバーズ杯団体戦の優勝に貢献。個人戦でも3位に入った。この時のメンバーだった高1の勝は、すでに15歳でプロツアーで優勝していたし、高3だった森田遥も昨年、ツアー初優勝を挙げている。会見では勝について『特別何か意識とかはしていない』と言ってたが、ナショナルメンバーの後輩たちに先を越されていたことは、彼女のモチベーションになっていたことは間違いない」(ツアー関係者)

 若い選手が次々に育ってくる今の女子プロ界は“旬”が短い。みんな、古閑美保のように20代で数億円をためこんで30歳前後に引退するプランを持っているという。

「今はすごくうれしいです。2勝目を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」と言った岡山は、プロ入りしてからの獲得賞金はここまで9411万円。まだまだ「億」の貯金はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  5. 5

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  8. 8

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  9. 9

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る