“後輩”勝みなみをPOで下す 初V岡山絵里を支えたライバル心

公開日: 更新日:

 通算13アンダーで並んだ岡山絵里(21)と、昨年プロ入りした勝みなみ(19)のプレーオフは、1ホール目に勝が2メートルのパーパットを外して決着がついた。

「岡山は大阪商業大学高3年時にナショナルチームに入り、初めて日の丸を背負いネイバーズ杯団体戦の優勝に貢献。個人戦でも3位に入った。この時のメンバーだった高1の勝は、すでに15歳でプロツアーで優勝していたし、高3だった森田遥も昨年、ツアー初優勝を挙げている。会見では勝について『特別何か意識とかはしていない』と言ってたが、ナショナルメンバーの後輩たちに先を越されていたことは、彼女のモチベーションになっていたことは間違いない」(ツアー関係者)

 若い選手が次々に育ってくる今の女子プロ界は“旬”が短い。みんな、古閑美保のように20代で数億円をためこんで30歳前後に引退するプランを持っているという。

「今はすごくうれしいです。2勝目を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」と言った岡山は、プロ入りしてからの獲得賞金はここまで9411万円。まだまだ「億」の貯金はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る