“後輩”勝みなみをPOで下す 初V岡山絵里を支えたライバル心

公開日:

 通算13アンダーで並んだ岡山絵里(21)と、昨年プロ入りした勝みなみ(19)のプレーオフは、1ホール目に勝が2メートルのパーパットを外して決着がついた。

「岡山は大阪商業大学高3年時にナショナルチームに入り、初めて日の丸を背負いネイバーズ杯団体戦の優勝に貢献。個人戦でも3位に入った。この時のメンバーだった高1の勝は、すでに15歳でプロツアーで優勝していたし、高3だった森田遥も昨年、ツアー初優勝を挙げている。会見では勝について『特別何か意識とかはしていない』と言ってたが、ナショナルメンバーの後輩たちに先を越されていたことは、彼女のモチベーションになっていたことは間違いない」(ツアー関係者)

 若い選手が次々に育ってくる今の女子プロ界は“旬”が短い。みんな、古閑美保のように20代で数億円をためこんで30歳前後に引退するプランを持っているという。

「今はすごくうれしいです。2勝目を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」と言った岡山は、プロ入りしてからの獲得賞金はここまで9411万円。まだまだ「億」の貯金はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る