最大の障壁が取れて…王貞治会長“事実婚10年”で入籍のウラ

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの王貞治球団会長(78)が1日、5月30日に入籍したと発表した。相手は60歳の一般女性。知人の紹介で知り合い、2006年に胃がんの手術を受けた王会長の闘病中に交際がスタートした。間もなく同居生活を始め、王会長も親しい関係者には「うちの家内です」と紹介するなど、事実婚状態だった。

「今さら結婚という年齢でもないし、互いの了解のもと、そういう“大人の関係”を続けていくのだと思っていましたが」とは古株の巨人OB。球界では祝福と驚きの声が入り交じっているが、確かになぜ今になって結婚という形を選んだのか。

 王会長が取材に応じて答えたように、「一緒に住んで10年目。しっかりけじめをつけようと」と2人の“事実婚”が10年という節目を迎えたこともひとつだろう。加えて、タレント活動もしている次女の理恵が15年に再々婚したことも大きかったようだ。これまで、週刊誌に「父の結婚に次女が反対」と書かれるなど、娘の存在が障害になっているというのが球界でも定説になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る