メジャーで不振も国内好調…鈴木愛はジャンボ尾崎タイプか

公開日: 更新日:

【全米女子OP】

 昨季賞金女王の鈴木愛(24)は、この日もショットが安定せず2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの74。通算6オーバーでホールアウトした。

「(昨年の)賞金ランキングでこの大会に出場できたが、不甲斐ない2日間だった。調子が悪くない中で、うまくできなかった。これが今の実力かなと思う。まだ、全英女子も出られるので、そこで同じ失敗をしないように、恥をかかないプレーをしたい」(鈴木)

 痛めている左足の膝下にテーピングしてのプレーだったが、故障を言い訳にせずプロ根性は見せた。

 鈴木がホールアウトした後、悪天候で試合は中断。再開後、日没サスペンデッドになった。

 かつて国内では敵なしだった尾崎将司はメジャーに出場しても、予選落ちや不甲斐ない成績でファンの期待を裏切り続けたが、直後の国内ツアーでは水を得た魚のように即優勝。「海外では14本のクラブを使わされる。日本のコースはロングアイアンはいらないし、やさしい」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る