友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

ファンの反感を買ったメジャー“ワンマン経営者”ワースト3

公開日: 更新日:

 1961年に年間162試合制になって以降、最少の観客動員を記録したのは1979年のアスレチックス(平均観客数3787人)である。21世紀になってからは01年にエクスポズ(現ナショナルズ)が平均観客数7935人で、ワーストになった。今年はマーリンズがファンに見放され、2つの記録的な不入りに並ぶ可能性が出てきた。5月の平均観客動員は8802人で、今後さらに落ち込むことが予想されている。記録的な不入りの元凶は、次の3人のワンマン経営者だ。

■チャーリー・フィンリー

 70年代前半、アスレチックスは最強軍団になったが、観衆は増えずワールドシリーズ3連覇を達成した74年も平均観客数は1万440人でア・リーグ12球団中11位だった。収入が増えないためワンマン経営者のフィンリーは年俸が高い選手をマイナーの有望株と差し替えることを決断。叩き売りトレード(ファイアセール)で放出してしまった。それによりチームは瞬く間に最下位に転落。ファンに愛想をつかされた結果、79年には平均観客動員が3787人に激減。フィンリーは翌年、球団売却を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る