友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

ファンの反感を買ったメジャー“ワンマン経営者”ワースト3

公開日:

 1961年に年間162試合制になって以降、最少の観客動員を記録したのは1979年のアスレチックス(平均観客数3787人)である。21世紀になってからは01年にエクスポズ(現ナショナルズ)が平均観客数7935人で、ワーストになった。今年はマーリンズがファンに見放され、2つの記録的な不入りに並ぶ可能性が出てきた。5月の平均観客動員は8802人で、今後さらに落ち込むことが予想されている。記録的な不入りの元凶は、次の3人のワンマン経営者だ。

■チャーリー・フィンリー

 70年代前半、アスレチックスは最強軍団になったが、観衆は増えずワールドシリーズ3連覇を達成した74年も平均観客数は1万440人でア・リーグ12球団中11位だった。収入が増えないためワンマン経営者のフィンリーは年俸が高い選手をマイナーの有望株と差し替えることを決断。叩き売りトレード(ファイアセール)で放出してしまった。それによりチームは瞬く間に最下位に転落。ファンに愛想をつかされた結果、79年には平均観客動員が3787人に激減。フィンリーは翌年、球団売却を余儀なくされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る