小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

T・ウィリアムズと比較 ソフトB柳田「4割打者」の可能性は

公開日: 更新日:

 24日時点でソフトバンク柳田悠岐の打率は・387。夢の「4割」に届くのだろうか。

 戦後、日米で4割打者は出ていない。戦前、メジャーリーグで過去8人、延べ13回を記録したに過ぎないのだ。

 77年をさかのぼること1941年、23歳のテッド・ウィリアムズ(レッドソックス)は、メジャー昇格3年目(143試合)にして・406を達成。今のところ最後の4割打者である。

 高打率を残す打者には「打たない」タイプと「打ち込む」タイプがある。テッドは前者だった。

 投手が強打に恐れをなし、ストライクゾーンで勝負をしてこないと知ると、誘い球には手を出さず四球が増加。打てる球だけを待って好球必打に徹した。結果は「安打÷打数」の分母が小さくなり、高い打率を維持した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る