広島・鈴木誠也が語る 交流戦苦戦もチーム“平常心”の理由

公開日: 更新日:

 広島交流戦2勝4敗と負け越し中。昨季は交流戦12勝6敗で2位と健闘したが、今季は苦しい戦いが続いている。

 それでも4番の鈴木誠也(23)は動じない。昨季、右足首骨折で後半を棒に振り、今季も開幕後に下半身の張りで一時戦列を離れた。鈴木は言う。

「投打が噛み合わないことも多くて、そこは仕方ないと割り切れている。勝てないときも、みんな割と平常心でやれているかなと思います。シーズンのどこかでこういう踏ん張りどころがくるのはみんな分かっているんじゃないか。チーム内もピリピリはしていないんじゃないかと思います」

 自身は交流戦に入ってノーアーチ。打撃フォームはまだ模索が続いている。

「まだしっくりきていないところもある。“フォームが固まる”ということはないと思っていて、毎試合、毎打席、少しずつ変わっています。例えば、足のステップやタイミングの取り方は常に試行錯誤。試合中に自分のここら辺(顔の右上あたり)から観察するイメージでフォームを思い返しています。そこで、いいファウルが打てたなとか、悪いファウルだったら頭が少しブレていたりするので、自分の中で見直します」

 本塁打はない一方、交流戦は6試合で22打数10安打、4打点、打率・455(3位)。好調のバロメーターは「右肩が開かず、できるだけギリギリまで呼び込んで捉えられていたら状態がいいかなと思える」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る