東京五輪に向け…侍ジャパン稲葉監督がすがる“大物”の名前

公開日: 更新日:

 31日、横浜スタジアムでのDeNA対楽天戦を視察した侍ジャパン稲葉篤紀監督(45)。この日は先発したルーキー東が2度にわたって打球が足に直撃しながら八回途中3失点という内容に、「左投手は非常に重要と感じている。ボールに当たっても(グラウンドに)出てきて、打たれた後でも自分の投球ができる気持ちの強さがある」とベタボメだった。

 10月にU23大会、11月には日米野球を控えるが、見据えるのは2020年の東京五輪のようだ。2年後の選手の状態は予測不可能、未知数ではあるものの、それまでにできることがあるという。

 親交があるイチローのマリナーズ会長付特別補佐就任について稲葉監督に聞くと、こう言った。

「(イチローに)またいろいろと相談したい。(打撃コーチとして戦った昨年の)WBCのときにもメールでアメリカの投手について相談したけど、やっぱり向こうの動くボールは課題なのでね。日本の選手はそこに苦労すると思う。とはいえ、メジャーでは動くボールは当たり前。それが普通に感じられるようにしていかないと。ジャパンでもアドバイザー? そうだね、本人の負担にならない程度に、どんどん話は聞いていきたい」

 今は「生きた辞書」の作成が最優先。指揮官が経験していないメジャーの空気をできるだけ吸収し、世界で勝つチームづくりに役立てたいというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る