吉川光夫でも必然の大敗…広島の情報分析力に巨人は丸裸

公開日:

 先発の吉川光夫(30)がいきなりつかまった。

 茨城・ひたちなかで行われた23日の広島戦の初回。田中に先頭弾を浴びると、2四球を与えたあと、新井に3ランを打たれ4失点。美間にも適時打を浴びて5点を失い、初回で勝負が決した。

 巨人ナインはリーグ連覇中の広島を意識する。例えば前回3日の対戦で1失点、黒星を喫しているマシソン(34)だ。助っ人は今季唯一の失点を喫した広島の試合前練習をこの日、真剣な表情でのぞき込んでいた。

 広島関係者が声を潜めてこう言う。

「詳細はともかく、マシソンのクセというか傾向のようなものは把握しています。巨人7年目ともう長い。巨人の重要人物のひとりですから。他の選手? それはどうでしょう。でも、そういうところを執拗につくのは、うちのカラーです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る