吉川光夫でも必然の大敗…広島の情報分析力に巨人は丸裸

公開日: 更新日:

 先発の吉川光夫(30)がいきなりつかまった。

 茨城・ひたちなかで行われた23日の広島戦の初回。田中に先頭弾を浴びると、2四球を与えたあと、新井に3ランを打たれ4失点。美間にも適時打を浴びて5点を失い、初回で勝負が決した。

 巨人ナインはリーグ連覇中の広島を意識する。例えば前回3日の対戦で1失点、黒星を喫しているマシソン(34)だ。助っ人は今季唯一の失点を喫した広島の試合前練習をこの日、真剣な表情でのぞき込んでいた。

 広島関係者が声を潜めてこう言う。

「詳細はともかく、マシソンのクセというか傾向のようなものは把握しています。巨人7年目ともう長い。巨人の重要人物のひとりですから。他の選手? それはどうでしょう。でも、そういうところを執拗につくのは、うちのカラーです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る