市原弘大が劇的ツアー初V 敗れた時松隆光には“魔の17番”

公開日: 更新日:

【日本ゴルフツアー選手権 最終日】

 最終組の1組前でプレーした市原弘大(36)が18番でグリーン右奥からチップインバーディーを奪い、最終組の時松隆光(24)がこのホールで1メートル強のパーパットを外してボギー。プロ18年目の市原に劇的なツアー初優勝が転がり込んだ。

「アテストが終わって時松君と一緒に並んでいるのがわかった。プレーオフするつもりで備えていたので“まさかなぁ”という気持ち。コースと戦うのに必死で、周りのスコアは見ていなかった。(18番バーディーは)狙って打っておらず、入って僕が一番びっくりしている」(市原)

 16番ホールが終わった時点で時松は通算13アンダーで首位に立ち、1ホール先の市原は17番をパーで切り抜けて通算11アンダーと2打ビハインドだった。ところが、時松は17番でティーショットを左に曲げて、運よくフェアウエーに出てきたが残り205ヤード。ピンは池を越えてすぐのグリーン手前に立ち、ユーティリティーで狙った2打目はグリーン左奥にオン。ファーストパットは速い下り傾斜を転がりピンをオーバーしてグリーンの外へ。そこから2打費やしてボギーだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る