47クラブに卒業生146人…Jリーグ就職に強い新潟の学校とは

公開日: 更新日:

 イニエスタと友だちになれるかも――。

 6月14日に開幕するサッカーW杯。日本代表は合宿地のオーストリアに到着し、19日の初戦(対コロンビア)に向けて調整中だ。

 苦戦が予想されるとはいえ、始まってしまえば盛り上がるのは必至。当然、Jリーグにも注目が集まるはずだ。

 そのJリーグへの就職に強い専門学校が新潟にあった。

 アルビレックス新潟のスポンサーにもなっている学校法人「NSG」グループの「JAPANサッカーカレッジ」(聖籠町)だ。

 何と現在、Jリーグ54クラブ中、47クラブで総勢146人の卒業生が働いている。

「このほか、なでしこリーグとJFLも含めれば183人となり、コーチ、フロントスタッフ、マネジャー、トレーナーなどとして活躍しています。当校の在校生は県外出身者が8割を超え、秋田出身の女子学生がブラウブリッツ秋田(J3)に就職するなど、Uターンが多いのもひとつの特徴です」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る