47クラブに卒業生146人…Jリーグ就職に強い新潟の学校とは

公開日:

 イニエスタと友だちになれるかも――。

 6月14日に開幕するサッカーW杯。日本代表は合宿地のオーストリアに到着し、19日の初戦(対コロンビア)に向けて調整中だ。

 苦戦が予想されるとはいえ、始まってしまえば盛り上がるのは必至。当然、Jリーグにも注目が集まるはずだ。

 そのJリーグへの就職に強い専門学校が新潟にあった。

 アルビレックス新潟のスポンサーにもなっている学校法人「NSG」グループの「JAPANサッカーカレッジ」(聖籠町)だ。

 何と現在、Jリーグ54クラブ中、47クラブで総勢146人の卒業生が働いている。

「このほか、なでしこリーグとJFLも含めれば183人となり、コーチ、フロントスタッフ、マネジャー、トレーナーなどとして活躍しています。当校の在校生は県外出身者が8割を超え、秋田出身の女子学生がブラウブリッツ秋田(J3)に就職するなど、Uターンが多いのもひとつの特徴です」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る