G大阪時代に師弟関係 西野監督は宇佐美と心中するつもりか

公開日:  更新日:

 かつて冬季五輪が開催されたオーストリア・インスブルック郊外にある標高1200メートルのゼーフェルトでロシアW杯直前合宿を張っている西野ジャパン。合宿3日目(現地4日)は、予定外の2部練習が組まれた。

 まずは午前10時(日本時間午後5時)からサーキットトレーニングがメインで行われた。

 これには「19日のW杯初戦コロンビア戦までのコンディショニングが目的。一度負荷をかけた練習をやってフィジカル的に上げておきたい」(西野監督)という思惑があった。

 午後5時(日本時間午前0時)に始まった午後練では、ハーフコートでゲーム形式の練習が行われた。合宿2日目とは違い、この日は4バックがベースの布陣だった。

 午前練は気温25度前後のピーカン照り。午後練は曇天になって気温も下がり、ゲーム形式の練習中に豪雨に見舞われることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る