勤続疲労で満身創痍…FW岡崎慎司は“W杯戦力外”に現実味

公開日:

 14日に開幕するロシアW杯の直前合宿地オーストリア・ゼーフェルト入りした日本代表。3日午後5時(日本時間4日午前0時)に合宿2日目の練習がスタートした。

 まずはストレッチ、ランニングから始まって2人1組のパス交換、1対1のドリブル、パス&ゴーのコンビネーション練習。それから5対2や6対2をこなした。続いてハーフコートよりもやや狭いエリアでゲーム形式の10対10。主力組、控え組ともに3(DF)―4(MF)―3(FW)の布陣で行った。

 この中で注目されたのは、慢性化している左足首痛で5月の国内合宿はリハビリメニューを消化するのに精いっぱいだったFW岡崎慎司(32=レスター)の回復具合だ。

 後半14分から出場した5月30日のガーナ戦は本来のパフォーマンスとはかけ離れ、現地2日の練習1日目に続いて全体練習をフルに消化したとはいえ、ゲーム形式の10対10では負担のかからない「フリーマン」として参加。いつになったら本来のアグレッシブな動きを取り戻せるのか、微妙な状況ともっぱらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る