• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大対応遅れの遠因…理事長夫人に取り入る“女社長の正体”

「優子夫人は当時、長年介護してきた母親を亡くしたばかりで、“母ロス”の喪失感にさいなまれていた。そんな心の隙間に入り込んだのが、Hさんです。大阪のおばはんの乗りで、とにかく明るくオモロイ人でね。大阪の芸人や政治家、スポーツ選手との人脈も広く、話題も豊富。すっかり優子夫人はH氏のとりこになってしまったのです」(日大の元評議員)

 優子夫人が田中理事長にH氏を売り込む形で、日大はE社と業務契約。日大は決算で「広告宣伝費」を独立計上していないが、「常に数千万円から億単位の話が飛び交っている」と日大関係者は指摘する。

 悪質タックル問題を受け、プロ野球の各球場から消えた「スポーツ日大」の広告看板も、E社の仕事だ。

「Hさんは仕事の窓口である日大の企画広報部長とすぐ衝突するんです。そのことを優子夫人に告げ、田中理事長は優子夫人の言いなりだから、部長がコロコロ代わる。早い人で半年で辞めさせられた。一時、田中理事長の“腹心”が部長を務めましたが、やはりHさんと対立し、すぐ職を解かれた。田中理事長には自分の子分より、優子夫人の心の友が大事なのです」(前出の元評議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る