露呈した錬金術 日大・田中理事長の野望は“五輪に相撲を”

公開日:

 相撲を五輪の正式種目にする――。

 日大アメフト部員の悪質タックル事件は、いまや社会問題に。内田正人前監督(62)が日大の常務理事を辞任しても、騒動は収まる気配がない。日大の経営体質にまでメディアのメスが入り、いまだ表に出てこない田中英寿理事長(71)がヤリ玉に挙げられているが、そんな日大トップの野望が「相撲を五輪種目にすること」だという。

 田中理事長は日大の相撲部出身。大学3年時に学生横綱になり、アマ横綱になること3回。延べ34個のタイトルを獲得した。

 83年に日大相撲部監督、94年にはJOC(日本オリンピック委員会)の理事に就任。その後、JOC副会長も務めている。

 広域暴力団の山口組組長や住吉会会長との交際疑惑が浮上したこともあって、JOC副会長は辞任したものの、現在も日本相撲連盟副会長や国際相撲連盟会長としてアマチュア相撲界では絶大な権力を握っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る