露呈した錬金術 日大・田中理事長の野望は“五輪に相撲を”

公開日:

 相撲を五輪の正式種目にする――。

 日大アメフト部員の悪質タックル事件は、いまや社会問題に。内田正人前監督(62)が日大の常務理事を辞任しても、騒動は収まる気配がない。日大の経営体質にまでメディアのメスが入り、いまだ表に出てこない田中英寿理事長(71)がヤリ玉に挙げられているが、そんな日大トップの野望が「相撲を五輪種目にすること」だという。

 田中理事長は日大の相撲部出身。大学3年時に学生横綱になり、アマ横綱になること3回。延べ34個のタイトルを獲得した。

 83年に日大相撲部監督、94年にはJOC(日本オリンピック委員会)の理事に就任。その後、JOC副会長も務めている。

 広域暴力団の山口組組長や住吉会会長との交際疑惑が浮上したこともあって、JOC副会長は辞任したものの、現在も日本相撲連盟副会長や国際相撲連盟会長としてアマチュア相撲界では絶大な権力を握っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る