太田光、蒼井優も…100万人の卒業生と強固な「日大愛」

公開日:

〈私も日大OBなんでね、恥ずかしい〉――。

 芸術学部出身の爆笑問題・太田光は司会を務めるサンデー・ジャポン(TBS系、20日放送)で、こう苦虫を噛みつぶしていた。同じく日大OBで箱根駅伝に出場経験を持つ俳優の和田正人(文理学部)は、日大アメフト部員の記者会見について、ツイッターで〈見てたら涙が出てきた〉〈彼に対する不憫な想いなのか。それとも我が母校への腹立たしさなのか〉とつづっている。

 芸能界からも母校への厳しい声が聞こえるが、100万人を超えるOBの中には芸能人、文化人がこれでもかと並ぶ。

 たとえば、俳優の柴田恭兵(経済学部)、小泉孝太郎(経済学部中退)、タレントの関根勤(法学部)、演出家のテリー伊藤(経済学部)、松浦勝人エイベックス社長(経済学部)。

 爆笑の太田と同じ芸術学部は特に多く、俳優の蒼井優、本仮屋ユイカ、船越英一郎、真田広之、脚本家の宮藤官九郎、三谷幸喜、写真家の篠山紀信、作家の林真理子、吉本ばなな――と異能揃いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る