日大対応遅れの遠因…理事長夫人に取り入る“女社長の正体”

公開日:

■プロを煙たがり素人集団に

 逆にこんな逸話もある。夏休みにE社の撮影クルーが東京・砧の日大商学部でPRビデオを撮影した際、商学部の事務局長がクソ暑い中、同学部の職員十数人を招集。スタッフを下にも置かない扱いで、もてなした。

「昼食には地元の最高級店から、うな重を注文し、スタッフ全員に肝吸い付きで振る舞った。この歓待にHさんはいたく感激し、優子夫人に伝えました。すると、事務局長はとんとん拍子で出世し、今は企画広報担当の常務理事まで上り詰めました」(日大関係者)

 優子夫人が経営する東京・阿佐谷の「ちゃんこ料理 たなか」。この店での幹部会議が日大の重要事項の決定を左右する「最高意思決定機関」といわれているが、会議のメンバーには複数の常務理事に交じって、優子夫人の引きでH氏も加わっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る