日大対応遅れの遠因…理事長夫人に取り入る“女社長の正体”

公開日:

■プロを煙たがり素人集団に

 逆にこんな逸話もある。夏休みにE社の撮影クルーが東京・砧の日大商学部でPRビデオを撮影した際、商学部の事務局長がクソ暑い中、同学部の職員十数人を招集。スタッフを下にも置かない扱いで、もてなした。

「昼食には地元の最高級店から、うな重を注文し、スタッフ全員に肝吸い付きで振る舞った。この歓待にHさんはいたく感激し、優子夫人に伝えました。すると、事務局長はとんとん拍子で出世し、今は企画広報担当の常務理事まで上り詰めました」(日大関係者)

 優子夫人が経営する東京・阿佐谷の「ちゃんこ料理 たなか」。この店での幹部会議が日大の重要事項の決定を左右する「最高意思決定機関」といわれているが、会議のメンバーには複数の常務理事に交じって、優子夫人の引きでH氏も加わっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る