小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

公開日:

 最近、暴力事件が目立っている。

 日大アメフト部の悪質タックル問題は論外だ。当時の監督が指示を出したとされていて、野球なら投手に「頭に当ててこい」と死球を命令するようなもの。あってはならない異常な行為である。

 高校球界では今春の関東大会で優勝した健大高崎(群馬)が、5月中旬に部内暴力が起きたため、対外試合を自粛中だという。夏の群馬大会の組み合わせは決まっており、恐らく出られるだろうが、各校は不祥事対策に頭を悩ませている。ある強豪校では部員に「誓約書」を書かせている。そこには「暴力や何らかの事件を起こした場合は即退部となります」と記されており、本人、親に印鑑を押してもらう。そこまでやって念を押さないとダメな時代なのだ。

 昔は、1年時に暴力を受けた部員が、3年生になって下級生に「倍返し」することで連鎖していた。現在は、1年生があまりやられないため、暴力事件の数自体は減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る