小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

公開日: 更新日:

 最近、暴力事件が目立っている。

 日大アメフト部の悪質タックル問題は論外だ。当時の監督が指示を出したとされていて、野球なら投手に「頭に当ててこい」と死球を命令するようなもの。あってはならない異常な行為である。

 高校球界では今春の関東大会で優勝した健大高崎(群馬)が、5月中旬に部内暴力が起きたため、対外試合を自粛中だという。夏の群馬大会の組み合わせは決まっており、恐らく出られるだろうが、各校は不祥事対策に頭を悩ませている。ある強豪校では部員に「誓約書」を書かせている。そこには「暴力や何らかの事件を起こした場合は即退部となります」と記されており、本人、親に印鑑を押してもらう。そこまでやって念を押さないとダメな時代なのだ。

 昔は、1年時に暴力を受けた部員が、3年生になって下級生に「倍返し」することで連鎖していた。現在は、1年生があまりやられないため、暴力事件の数自体は減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る