小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

公開日: 更新日:

 最近、暴力事件が目立っている。

 日大アメフト部の悪質タックル問題は論外だ。当時の監督が指示を出したとされていて、野球なら投手に「頭に当ててこい」と死球を命令するようなもの。あってはならない異常な行為である。

 高校球界では今春の関東大会で優勝した健大高崎(群馬)が、5月中旬に部内暴力が起きたため、対外試合を自粛中だという。夏の群馬大会の組み合わせは決まっており、恐らく出られるだろうが、各校は不祥事対策に頭を悩ませている。ある強豪校では部員に「誓約書」を書かせている。そこには「暴力や何らかの事件を起こした場合は即退部となります」と記されており、本人、親に印鑑を押してもらう。そこまでやって念を押さないとダメな時代なのだ。

 昔は、1年時に暴力を受けた部員が、3年生になって下級生に「倍返し」することで連鎖していた。現在は、1年生があまりやられないため、暴力事件の数自体は減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る