ウッズの時代は過ぎ去ったのか…精彩欠き8オーバー101位

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 メジャー14勝のタイガー・ウッズ(42)が小さく見えた。全米オープンは3年ぶり20回目の出場になり、過去3勝と経験も豊富。ケガから復帰して、フェデックスランクも55位まで浮上。ウッズにも復活Vのチャンスがあるという予想もあった。

 しかし、1番でいきなりつまずいた。フェアウエーから残り151ヤードの2打目がグリーンを大きくオーバー。身長よりも高いグリーンに向かってロブショットを試みたが、グリーンまで届かず傾斜を転がり落ちてしまう。4打目はパターで打ったが、それもグリーンに乗らずに戻ってきてしまう。結局、5オン2パットのトリプルボギー発進。

 続く2番では1メートルのパーパットを外して、たった2ホールだけで4オーバー。13番はパーオンしながら4パットのダブルボギーと強かった時の面影はなし。初日奪ったバーディーは1つだけで8オーバー101位。

 ウッズの時代は完全に過ぎ去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る