ウッズの時代は過ぎ去ったのか…精彩欠き8オーバー101位

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 メジャー14勝のタイガー・ウッズ(42)が小さく見えた。全米オープンは3年ぶり20回目の出場になり、過去3勝と経験も豊富。ケガから復帰して、フェデックスランクも55位まで浮上。ウッズにも復活Vのチャンスがあるという予想もあった。

 しかし、1番でいきなりつまずいた。フェアウエーから残り151ヤードの2打目がグリーンを大きくオーバー。身長よりも高いグリーンに向かってロブショットを試みたが、グリーンまで届かず傾斜を転がり落ちてしまう。4打目はパターで打ったが、それもグリーンに乗らずに戻ってきてしまう。結局、5オン2パットのトリプルボギー発進。

 続く2番では1メートルのパーパットを外して、たった2ホールだけで4オーバー。13番はパーオンしながら4パットのダブルボギーと強かった時の面影はなし。初日奪ったバーディーは1つだけで8オーバー101位。

 ウッズの時代は完全に過ぎ去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る