難易度「やり過ぎ」の声も 全米オープン“今年の敵”はUSGA

公開日:  更新日:

 全米オープンを主催する全米ゴルフ協会(USGA)は例年、優勝スコアをイーブンパー前後にするためコースセッティングの難易度を高めているといわれている。

 ところが、エリンヒルズ(7845ヤード・パー72)で行われた昨年の大会はB・ケプカが16アンダーで優勝。2位タイの松山も12アンダー。2桁アンダーでの優勝は2011年、コングレッショナルゴルフGCでR・マキロイが勝った16アンダー以来だった。

 その反動なのか。今年の大会は砲台グリーン周辺の芝が刈り込まれ、ボールが止められるエリアが非常に狭い。7番(パー3)のように、ピンの手前に乗せてもグリーン奥にこぼれるホールもあり「これはやり過ぎだ」という声が一部の選手から上がっていた。

 このコースで前回USオープンが開催されたのは2004年。R・グーセンが4アンダーで優勝。P・ミケルソンは2打差で負けた。優勝争いを演じた丸山茂樹は4オーバーの4位タイだったが、最終日の平均スコアは78・72と、過去の全米オープンで最もタフだった。この年は10オーバー、17位に終わったウッズは「最終日のコースは手がつけられなかった」とボヤいた。

 ちなみに04年の初日は4アンダーの首位に丸山ほか2人。21人がアンダーパーを記録。今年の初日首位は1アンダー。アンダーパーで終えたのは4人。2日目以降も選手たちはコースではなく、USGAと戦うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る