• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

難易度「やり過ぎ」の声も 全米オープン“今年の敵”はUSGA

 全米オープンを主催する全米ゴルフ協会(USGA)は例年、優勝スコアをイーブンパー前後にするためコースセッティングの難易度を高めているといわれている。

 ところが、エリンヒルズ(7845ヤード・パー72)で行われた昨年の大会はB・ケプカが16アンダーで優勝。2位タイの松山も12アンダー。2桁アンダーでの優勝は2011年、コングレッショナルゴルフGCでR・マキロイが勝った16アンダー以来だった。

 その反動なのか。今年の大会は砲台グリーン周辺の芝が刈り込まれ、ボールが止められるエリアが非常に狭い。7番(パー3)のように、ピンの手前に乗せてもグリーン奥にこぼれるホールもあり「これはやり過ぎだ」という声が一部の選手から上がっていた。

 このコースで前回USオープンが開催されたのは2004年。R・グーセンが4アンダーで優勝。P・ミケルソンは2打差で負けた。優勝争いを演じた丸山茂樹は4オーバーの4位タイだったが、最終日の平均スコアは78・72と、過去の全米オープンで最もタフだった。この年は10オーバー、17位に終わったウッズは「最終日のコースは手がつけられなかった」とボヤいた。

 ちなみに04年の初日は4アンダーの首位に丸山ほか2人。21人がアンダーパーを記録。今年の初日首位は1アンダー。アンダーパーで終えたのは4人。2日目以降も選手たちはコースではなく、USGAと戦うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る