難易度「やり過ぎ」の声も 全米オープン“今年の敵”はUSGA

公開日: 更新日:

 全米オープンを主催する全米ゴルフ協会(USGA)は例年、優勝スコアをイーブンパー前後にするためコースセッティングの難易度を高めているといわれている。

 ところが、エリンヒルズ(7845ヤード・パー72)で行われた昨年の大会はB・ケプカが16アンダーで優勝。2位タイの松山も12アンダー。2桁アンダーでの優勝は2011年、コングレッショナルゴルフGCでR・マキロイが勝った16アンダー以来だった。

 その反動なのか。今年の大会は砲台グリーン周辺の芝が刈り込まれ、ボールが止められるエリアが非常に狭い。7番(パー3)のように、ピンの手前に乗せてもグリーン奥にこぼれるホールもあり「これはやり過ぎだ」という声が一部の選手から上がっていた。

 このコースで前回USオープンが開催されたのは2004年。R・グーセンが4アンダーで優勝。P・ミケルソンは2打差で負けた。優勝争いを演じた丸山茂樹は4オーバーの4位タイだったが、最終日の平均スコアは78・72と、過去の全米オープンで最もタフだった。この年は10オーバー、17位に終わったウッズは「最終日のコースは手がつけられなかった」とボヤいた。

 ちなみに04年の初日は4アンダーの首位に丸山ほか2人。21人がアンダーパーを記録。今年の初日首位は1アンダー。アンダーパーで終えたのは4人。2日目以降も選手たちはコースではなく、USGAと戦うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る