難易度「やり過ぎ」の声も 全米オープン“今年の敵”はUSGA

公開日: 更新日:

 全米オープンを主催する全米ゴルフ協会(USGA)は例年、優勝スコアをイーブンパー前後にするためコースセッティングの難易度を高めているといわれている。

 ところが、エリンヒルズ(7845ヤード・パー72)で行われた昨年の大会はB・ケプカが16アンダーで優勝。2位タイの松山も12アンダー。2桁アンダーでの優勝は2011年、コングレッショナルゴルフGCでR・マキロイが勝った16アンダー以来だった。

 その反動なのか。今年の大会は砲台グリーン周辺の芝が刈り込まれ、ボールが止められるエリアが非常に狭い。7番(パー3)のように、ピンの手前に乗せてもグリーン奥にこぼれるホールもあり「これはやり過ぎだ」という声が一部の選手から上がっていた。

 このコースで前回USオープンが開催されたのは2004年。R・グーセンが4アンダーで優勝。P・ミケルソンは2打差で負けた。優勝争いを演じた丸山茂樹は4オーバーの4位タイだったが、最終日の平均スコアは78・72と、過去の全米オープンで最もタフだった。この年は10オーバー、17位に終わったウッズは「最終日のコースは手がつけられなかった」とボヤいた。

 ちなみに04年の初日は4アンダーの首位に丸山ほか2人。21人がアンダーパーを記録。今年の初日首位は1アンダー。アンダーパーで終えたのは4人。2日目以降も選手たちはコースではなく、USGAと戦うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  6. 6

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  7. 7

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

もっと見る