大学選手権のネット裏で…部長に怒られ会議で恥かいた顛末

公開日:

「お前、何やってんだ」

 東京ドームと神宮で行われている大学選手権のネット裏。試合と試合の合間だった。グラウンドでは次の試合に出てくるチームの監督がノックをしていた。

 部長が顔を合わせるなり言ってきたので、思わず言い返した。

「スコアブックに次のメンバーを書き込んでるんスよ。リストに名前が載ってるキャッチャーが出てきますから」

「アホか。そんなもの後でいいじゃねーか。キャッチャーを見るなら、なぜ、試合前のノックを見ないんだ。肩の強さ、送球の正確さ、フットワーク……二塁への送球やバント処理の動きなんかを見てれば判断材料になるだろう。チーム全体を見渡してるか、気配りはできてるか、といった点もチェックできる」

 会うなりいきなり説教かと多少、ムカッときたけど、そこは我慢だ。隣にいた他球団の同僚なんか、さっさと仲間と昼飯に出掛けたからね。差を付けてやろうと、試合前のノックからお目当ての捕手をじっくりチェックした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る