最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

公開日: 更新日:

 16日に楽天の梨田昌孝監督(64)が成績不振を理由に辞任した。とはいえ、「現場とフロントとの間で『コミュニケーション不足』もあった」と放送関係者がこう言った。

「楽天は12球団に先駆けてトラックマンを導入。チーム統括本部内の『チーム戦略室』が打順や起用について梨田監督に提案し、指揮官もこれを受け入れてきたが、今季は打撃不振もあってチーム戦略室の意向が強くなった。打順はほぼ日替わりとなり、メンバーを固定して、どっしりと戦いたい梨田監督のやり方とはいよいよかけ離れていった。梨田監督の頭にはなかった若手がフロント主導で一軍に昇格したこともありました」

 フロント主導はあくまでもチーム方針だが、楽天ではそれを「行き過ぎだ」と受け取る向きがあったという。

「星野(仙一)さんが1月に亡くなったことで、潮目が大きく変わったかもしれません」とは、さる楽天OB。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る