“史上最弱”の前評判を覆し…開催国ロシアの勢いは続くのか

公開日:

【サッカーW杯 きょうの見どころ】

・ロシアvsエジプト 20日午前3時(日本テレビ系)

 “史上最弱の開催国”がオープニングゲームでサウジアラビアから5点を奪って快勝し、前評判を覆した。MFジャゴエフ(CSKAモスクワ)の負傷で途中出場のMFチェリシェフ(ビリャレアル)が2得点の大活躍。初戦で不発だったエースFWスモロフ(クラスノダール)が目を覚ませば攻撃の上積みが期待できる。

 エジプトは0―1でウルグアイに敗れたものの、最年長出場記録が期待された45歳のGKハダリ(アルタワウン)の代わりに出場したシェナウィ(アルアハリ)が大活躍。ウルグアイのFWスアレス(バルセロナ)との1対1を防ぐなど何度もチームを助け、最後の砦としてゴールを守り続けた。

 気になるのは、5月下旬の欧州CL決勝で左肩を痛めて初戦を欠場したエースFWサラー(リバプール)。17―18年英プレミアリーグ得点王の復活はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る