“史上最弱”の前評判を覆し…開催国ロシアの勢いは続くのか

公開日: 更新日:

サッカーW杯 きょうの見どころ】

・ロシアvsエジプト 20日午前3時(日本テレビ系)

 “史上最弱の開催国”がオープニングゲームでサウジアラビアから5点を奪って快勝し、前評判を覆した。MFジャゴエフ(CSKAモスクワ)の負傷で途中出場のMFチェリシェフ(ビリャレアル)が2得点の大活躍。初戦で不発だったエースFWスモロフ(クラスノダール)が目を覚ませば攻撃の上積みが期待できる。

 エジプトは0―1でウルグアイに敗れたものの、最年長出場記録が期待された45歳のGKハダリ(アルタワウン)の代わりに出場したシェナウィ(アルアハリ)が大活躍。ウルグアイのFWスアレス(バルセロナ)との1対1を防ぐなど何度もチームを助け、最後の砦としてゴールを守り続けた。

 気になるのは、5月下旬の欧州CL決勝で左肩を痛めて初戦を欠場したエースFWサラー(リバプール)。17―18年英プレミアリーグ得点王の復活はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る