蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

公開日:

 ブラジルにとってロシアW杯は、ズタズタに引き裂かれた自尊心を取り戻すための大会である。

 母国開催の14年ブラジルW杯の準決勝。優勝したドイツに屈辱的な大敗を喫し、ブラジル国民全員が「1―7」というスコアに金縛りにあった。

 その呪縛を解き放つためには、FWネイマール(26=パリSG)率いるブラジルが、最多優勝の「5回」を更新するしかない。しかし――。

 いきなり1次リーグE組の初戦(日本時間18日午前3時キックオフ)でつまずいた。相手のスイスは、FIFA世界ランク6位の実力国。とはいえ、攻守にハイレベルのプレーを見せつけ、勝ち点3をゲットしなければならない相手である。

 序盤からボールを小気味よく回すブラジルがペースを握り、前半20分に先制点が決まった。

 攻撃参加した左SBマルセロ(30=Rマドリード)がネイマールからパスを受け、相手ゴール前にクロスを放り込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る