蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

公開日: 更新日:

 ブラジルにとってロシアW杯は、ズタズタに引き裂かれた自尊心を取り戻すための大会である。

 母国開催の14年ブラジルW杯の準決勝。優勝したドイツに屈辱的な大敗を喫し、ブラジル国民全員が「1―7」というスコアに金縛りにあった。

 その呪縛を解き放つためには、FWネイマール(26=パリSG)率いるブラジルが、最多優勝の「5回」を更新するしかない。しかし――。

 いきなり1次リーグE組の初戦(日本時間18日午前3時キックオフ)でつまずいた。相手のスイスは、FIFA世界ランク6位の実力国。とはいえ、攻守にハイレベルのプレーを見せつけ、勝ち点3をゲットしなければならない相手である。

 序盤からボールを小気味よく回すブラジルがペースを握り、前半20分に先制点が決まった。

 攻撃参加した左SBマルセロ(30=Rマドリード)がネイマールからパスを受け、相手ゴール前にクロスを放り込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  6. 6

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  7. 7

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    内閣総理大臣杯を八角理事長が代読とは、どういうわけだ?

もっと見る