独から歴史的初金星 メキシコ“老獪殺法”で王者を振り切る

公開日: 更新日:

 メキシコが前回王者のドイツから歴史的金星を挙げた。

 前半35分、自陣でボールを奪うと、FWロサノ(22=PSV)がペナルティーエリア内で鋭く切り返してDFをかわし、右足でゴール左隅へ叩き込んだ。

 後半にドイツの猛攻を受けたものの、体を張った守備でゴールを死守。W杯では初めてドイツから白星をもぎ取った。

 ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏は「メキシコのボールキープ、速いパス回しなどは想像以上でしたが……」とこう言った。

「そもそも、0―0の段階の前半のドイツの戦い方に疑問が残ります。前へ前へと攻撃的になり過ぎ、メキシコにカウンターを仕掛けられた際、DF4人のうち、Bミュンヘンでコンビを組むCBのボアテング(29)、フンメルス(29)の2人しか残っていない場面が何度も見られた。最初から総攻撃で攻め上がれば、当然リスクも負う。もっと慎重に立ち上がる必要があったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る