独から歴史的初金星 メキシコ“老獪殺法”で王者を振り切る

公開日: 更新日:

 メキシコが前回王者のドイツから歴史的金星を挙げた。

 前半35分、自陣でボールを奪うと、FWロサノ(22=PSV)がペナルティーエリア内で鋭く切り返してDFをかわし、右足でゴール左隅へ叩き込んだ。

 後半にドイツの猛攻を受けたものの、体を張った守備でゴールを死守。W杯では初めてドイツから白星をもぎ取った。

 ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏は「メキシコのボールキープ、速いパス回しなどは想像以上でしたが……」とこう言った。

「そもそも、0―0の段階の前半のドイツの戦い方に疑問が残ります。前へ前へと攻撃的になり過ぎ、メキシコにカウンターを仕掛けられた際、DF4人のうち、Bミュンヘンでコンビを組むCBのボアテング(29)、フンメルス(29)の2人しか残っていない場面が何度も見られた。最初から総攻撃で攻め上がれば、当然リスクも負う。もっと慎重に立ち上がる必要があったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る