独から歴史的初金星 メキシコ“老獪殺法”で王者を振り切る

公開日:

 メキシコが前回王者のドイツから歴史的金星を挙げた。

 前半35分、自陣でボールを奪うと、FWロサノ(22=PSV)がペナルティーエリア内で鋭く切り返してDFをかわし、右足でゴール左隅へ叩き込んだ。

 後半にドイツの猛攻を受けたものの、体を張った守備でゴールを死守。W杯では初めてドイツから白星をもぎ取った。

 ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏は「メキシコのボールキープ、速いパス回しなどは想像以上でしたが……」とこう言った。

「そもそも、0―0の段階の前半のドイツの戦い方に疑問が残ります。前へ前へと攻撃的になり過ぎ、メキシコにカウンターを仕掛けられた際、DF4人のうち、Bミュンヘンでコンビを組むCBのボアテング(29)、フンメルス(29)の2人しか残っていない場面が何度も見られた。最初から総攻撃で攻め上がれば、当然リスクも負う。もっと慎重に立ち上がる必要があったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る