得点圏打率4割 西武・山川“勝負強さ”の秘密を自ら種明かし

公開日: 更新日:

 チームの4番を打つ西武山川穂高とDeNAの筒香嘉智は、ともに26歳、誕生日が3日違いの同級生だ。

 去る18日、試合前の練習中には、2人で野球談議に花を咲かせていた。

 18日現在の本塁打数はいずれもリーグトップ。山川が18本なら、筒香は16本。長距離打者らしい結果を残しているとはいえ、両者で決定的に異なるのは打点と得点圏打率だ。

 山川が60打点(リーグトップ)、.400なのに対し、筒香は43打点、・250。中でも走者を得点圏に置いたときの成績はかなりの差がある。山川本人に勝負強さについて聞くと、こう言った。

「低い球を振らなくなったといわれるけど、低い球も意外と振っているんです。でも、追い込まれてから振らないようになったということです。追い込まれる前はどちらかというとホームラン狙いでセンターからレフト方向へ打つ意識で打席に立って、(バットでボールをとらえる)ポイントを前にして打つ。追い込まれてからは、ポイントを自分側に引き付けて打つ。カウントや状況によって変えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る