得点圏打率4割 西武・山川“勝負強さ”の秘密を自ら種明かし

公開日: 更新日:

 チームの4番を打つ西武の山川穂高とDeNAの筒香嘉智は、ともに26歳、誕生日が3日違いの同級生だ。

 去る18日、試合前の練習中には、2人で野球談議に花を咲かせていた。

 18日現在の本塁打数はいずれもリーグトップ。山川が18本なら、筒香は16本。長距離打者らしい結果を残しているとはいえ、両者で決定的に異なるのは打点と得点圏打率だ。

 山川が60打点(リーグトップ)、.400なのに対し、筒香は43打点、・250。中でも走者を得点圏に置いたときの成績はかなりの差がある。山川本人に勝負強さについて聞くと、こう言った。

「低い球を振らなくなったといわれるけど、低い球も意外と振っているんです。でも、追い込まれてから振らないようになったということです。追い込まれる前はどちらかというとホームラン狙いでセンターからレフト方向へ打つ意識で打席に立って、(バットでボールをとらえる)ポイントを前にして打つ。追い込まれてからは、ポイントを自分側に引き付けて打つ。カウントや状況によって変えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る