得点圏打率4割 西武・山川“勝負強さ”の秘密を自ら種明かし

公開日:

 チームの4番を打つ西武の山川穂高とDeNAの筒香嘉智は、ともに26歳、誕生日が3日違いの同級生だ。

 去る18日、試合前の練習中には、2人で野球談議に花を咲かせていた。

 18日現在の本塁打数はいずれもリーグトップ。山川が18本なら、筒香は16本。長距離打者らしい結果を残しているとはいえ、両者で決定的に異なるのは打点と得点圏打率だ。

 山川が60打点(リーグトップ)、.400なのに対し、筒香は43打点、・250。中でも走者を得点圏に置いたときの成績はかなりの差がある。山川本人に勝負強さについて聞くと、こう言った。

「低い球を振らなくなったといわれるけど、低い球も意外と振っているんです。でも、追い込まれてから振らないようになったということです。追い込まれる前はどちらかというとホームラン狙いでセンターからレフト方向へ打つ意識で打席に立って、(バットでボールをとらえる)ポイントを前にして打つ。追い込まれてからは、ポイントを自分側に引き付けて打つ。カウントや状況によって変えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る