得点圏打率4割 西武・山川“勝負強さ”の秘密を自ら種明かし

公開日:

 チームの4番を打つ西武の山川穂高とDeNAの筒香嘉智は、ともに26歳、誕生日が3日違いの同級生だ。

 去る18日、試合前の練習中には、2人で野球談議に花を咲かせていた。

 18日現在の本塁打数はいずれもリーグトップ。山川が18本なら、筒香は16本。長距離打者らしい結果を残しているとはいえ、両者で決定的に異なるのは打点と得点圏打率だ。

 山川が60打点(リーグトップ)、.400なのに対し、筒香は43打点、・250。中でも走者を得点圏に置いたときの成績はかなりの差がある。山川本人に勝負強さについて聞くと、こう言った。

「低い球を振らなくなったといわれるけど、低い球も意外と振っているんです。でも、追い込まれてから振らないようになったということです。追い込まれる前はどちらかというとホームラン狙いでセンターからレフト方向へ打つ意識で打席に立って、(バットでボールをとらえる)ポイントを前にして打つ。追い込まれてからは、ポイントを自分側に引き付けて打つ。カウントや状況によって変えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る