満塁弾&3ラン 西武・山川は“脱おかわり”から本家超えへ

公開日:  更新日:

 パ新記録の5戦連続9点以上という破壊力の象徴である。

 25日のソフトバンク戦で爆発した西武打線。ひときわ輝いたのが、4番の山川穂高(26)だ。

 三回、先制にしてはド派手な満塁弾を右翼のテラス席に叩き込むと、六回には左翼スタンド中段に3ラン。5打数2安打7打点と大暴れした。

 山川は176センチ、108キロで、同じ西武の中村をほうふつさせるマメタンク体形。入団当初は「おかわり2世」と呼ばれ、かつては中村の打撃フォームをコピーしていたほどだ。

 しかし、中村と決定的に異なるのは、ヒットと本塁打に対する考え。中村は「本塁打の打ち損ないがヒット」というタイプで、打率は低かった。一方、山川はあくまで「ヒットの延長が本塁打」。リーグトップの9本塁打に加え、打率も.338の数字を残している。状況次第ではチーム打撃で逆方向を狙える器用さは、嶋打撃コーチも認めているところだ。

 昨季、中村のコピーから脱却し、覚醒した山川。まさに出藍の誉れ、である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る