満塁弾&3ラン 西武・山川は“脱おかわり”から本家超えへ

公開日:  更新日:

 パ新記録の5戦連続9点以上という破壊力の象徴である。

 25日のソフトバンク戦で爆発した西武打線。ひときわ輝いたのが、4番の山川穂高(26)だ。

 三回、先制にしてはド派手な満塁弾を右翼のテラス席に叩き込むと、六回には左翼スタンド中段に3ラン。5打数2安打7打点と大暴れした。

 山川は176センチ、108キロで、同じ西武の中村をほうふつさせるマメタンク体形。入団当初は「おかわり2世」と呼ばれ、かつては中村の打撃フォームをコピーしていたほどだ。

 しかし、中村と決定的に異なるのは、ヒットと本塁打に対する考え。中村は「本塁打の打ち損ないがヒット」というタイプで、打率は低かった。一方、山川はあくまで「ヒットの延長が本塁打」。リーグトップの9本塁打に加え、打率も.338の数字を残している。状況次第ではチーム打撃で逆方向を狙える器用さは、嶋打撃コーチも認めているところだ。

 昨季、中村のコピーから脱却し、覚醒した山川。まさに出藍の誉れ、である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る