満塁弾&3ラン 西武・山川は“脱おかわり”から本家超えへ

公開日: 更新日:

 パ新記録の5戦連続9点以上という破壊力の象徴である。

 25日のソフトバンク戦で爆発した西武打線。ひときわ輝いたのが、4番の山川穂高(26)だ。

 三回、先制にしてはド派手な満塁弾を右翼のテラス席に叩き込むと、六回には左翼スタンド中段に3ラン。5打数2安打7打点と大暴れした。

 山川は176センチ、108キロで、同じ西武の中村をほうふつさせるマメタンク体形。入団当初は「おかわり2世」と呼ばれ、かつては中村の打撃フォームをコピーしていたほどだ。

 しかし、中村と決定的に異なるのは、ヒットと本塁打に対する考え。中村は「本塁打の打ち損ないがヒット」というタイプで、打率は低かった。一方、山川はあくまで「ヒットの延長が本塁打」。リーグトップの9本塁打に加え、打率も.338の数字を残している。状況次第ではチーム打撃で逆方向を狙える器用さは、嶋打撃コーチも認めているところだ。

 昨季、中村のコピーから脱却し、覚醒した山川。まさに出藍の誉れ、である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る