中日に“松坂ロス”の波紋 内野守備走塁コーチ兼任が語る

公開日:  更新日:

「年上のオレからしても大スター。でも存在だけじゃなくて、見習うべきところがたくさんある」

 背中を痛めて一軍登録を抹消された中日の松坂大輔(37)に関して、こう言っていたのは、内野守備走塁コーチ兼任の荒木雅博(40)だ。

「投手の中でも(内野)ゴロのカバーにいくタイミングやスピードはさすがだなと。オレは内野(手)なので、そういう『一歩目』にはどうしても目がいく。若い選手にもそういうところを見てほしいと思う。投手だけじゃなくて、野手も参考にできるところはたくさんあるんじゃないかな」

 コーチ兼任ながら、8年ぶりに開幕一軍を逃した荒木は、今月1日に初昇格。それでも松坂と練習で一緒になることもあり、野球談議をしてきたという。

 中日は2011年を最後に優勝から遠ざかっている。5度のリーグ優勝と1度の日本一を知る荒木を含め、吉見や山井ら息の長い選手はいるものの、強いチームを取り巻く環境や雰囲気を知る選手は年々減少。松坂のような一流選手のプレーは、貴重な生きた教材となるのだ。

 その松坂は20日にワーキングを始めたばかり。すでに3勝を挙げている先発投手としての戦力面や、ナゴヤドームの集客面でのマイナスを指摘する声があるものの、それ以外のダメージも大きいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る