中日に“松坂ロス”の波紋 内野守備走塁コーチ兼任が語る

公開日:  更新日:

「年上のオレからしても大スター。でも存在だけじゃなくて、見習うべきところがたくさんある」

 背中を痛めて一軍登録を抹消された中日の松坂大輔(37)に関して、こう言っていたのは、内野守備走塁コーチ兼任の荒木雅博(40)だ。

「投手の中でも(内野)ゴロのカバーにいくタイミングやスピードはさすがだなと。オレは内野(手)なので、そういう『一歩目』にはどうしても目がいく。若い選手にもそういうところを見てほしいと思う。投手だけじゃなくて、野手も参考にできるところはたくさんあるんじゃないかな」

 コーチ兼任ながら、8年ぶりに開幕一軍を逃した荒木は、今月1日に初昇格。それでも松坂と練習で一緒になることもあり、野球談議をしてきたという。

 中日は2011年を最後に優勝から遠ざかっている。5度のリーグ優勝と1度の日本一を知る荒木を含め、吉見や山井ら息の長い選手はいるものの、強いチームを取り巻く環境や雰囲気を知る選手は年々減少。松坂のような一流選手のプレーは、貴重な生きた教材となるのだ。

 その松坂は20日にワーキングを始めたばかり。すでに3勝を挙げている先発投手としての戦力面や、ナゴヤドームの集客面でのマイナスを指摘する声があるものの、それ以外のダメージも大きいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る