中日に“松坂ロス”の波紋 内野守備走塁コーチ兼任が語る

公開日: 更新日:

「年上のオレからしても大スター。でも存在だけじゃなくて、見習うべきところがたくさんある」

 背中を痛めて一軍登録を抹消された中日の松坂大輔(37)に関して、こう言っていたのは、内野守備走塁コーチ兼任の荒木雅博(40)だ。

「投手の中でも(内野)ゴロのカバーにいくタイミングやスピードはさすがだなと。オレは内野(手)なので、そういう『一歩目』にはどうしても目がいく。若い選手にもそういうところを見てほしいと思う。投手だけじゃなくて、野手も参考にできるところはたくさんあるんじゃないかな」

 コーチ兼任ながら、8年ぶりに開幕一軍を逃した荒木は、今月1日に初昇格。それでも松坂と練習で一緒になることもあり、野球談議をしてきたという。

 中日は2011年を最後に優勝から遠ざかっている。5度のリーグ優勝と1度の日本一を知る荒木を含め、吉見や山井ら息の長い選手はいるものの、強いチームを取り巻く環境や雰囲気を知る選手は年々減少。松坂のような一流選手のプレーは、貴重な生きた教材となるのだ。

 その松坂は20日にワーキングを始めたばかり。すでに3勝を挙げている先発投手としての戦力面や、ナゴヤドームの集客面でのマイナスを指摘する声があるものの、それ以外のダメージも大きいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  4. 4

    れいわ新撰組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る