• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日に“松坂ロス”の波紋 内野守備走塁コーチ兼任が語る

「年上のオレからしても大スター。でも存在だけじゃなくて、見習うべきところがたくさんある」

 背中を痛めて一軍登録を抹消された中日の松坂大輔(37)に関して、こう言っていたのは、内野守備走塁コーチ兼任の荒木雅博(40)だ。

「投手の中でも(内野)ゴロのカバーにいくタイミングやスピードはさすがだなと。オレは内野(手)なので、そういう『一歩目』にはどうしても目がいく。若い選手にもそういうところを見てほしいと思う。投手だけじゃなくて、野手も参考にできるところはたくさんあるんじゃないかな」

 コーチ兼任ながら、8年ぶりに開幕一軍を逃した荒木は、今月1日に初昇格。それでも松坂と練習で一緒になることもあり、野球談議をしてきたという。

 中日は2011年を最後に優勝から遠ざかっている。5度のリーグ優勝と1度の日本一を知る荒木を含め、吉見や山井ら息の長い選手はいるものの、強いチームを取り巻く環境や雰囲気を知る選手は年々減少。松坂のような一流選手のプレーは、貴重な生きた教材となるのだ。

 その松坂は20日にワーキングを始めたばかり。すでに3勝を挙げている先発投手としての戦力面や、ナゴヤドームの集客面でのマイナスを指摘する声があるものの、それ以外のダメージも大きいようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る