決勝T進出に望み 豪は38歳“老FW”ケーヒルの経験に託す

公開日: 更新日:

 デンマークのMFエリクセン(26=トットナム)が前半7分、技ありのボレーシュートで先制。対するオーストラリアは前半38分、VAR(ビデオ判定)の末、相手FWポールセン(23=ライプチヒ)のハンドでPKをもらい、MFジェディナク(33=アストンビラ)がゴール右にシュートを冷静に蹴り込んだ。

 ドローに持ち込み、決勝トーナメント出場の可能性を残したオーストラリア。デンマーク(勝ち点4)がフランス(勝ち点6)に敗れることが条件だが、3戦目は2連敗で1次リーグ敗退が決定し、モチベーションの低いペルー戦。是が非でも勝利し、望みをつなげたい。

 そこで日本の天敵として知られるFWケーヒル(ミルウォール)に期待する声が出始めている。今大会は出場がないものの、W杯4大会連続出場、同通算5得点。38歳となった今でも、ここ一番の勝負強さは健在で、「絶対に負けられない」という、プレッシャーがかかる場面では老FWの経験がものをいうかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る