• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フランス20年ぶりVへ カギはベテランと若手の融合にあり

 母国開催の1998年以来、20年ぶりのW杯優勝を狙うフランスの初戦オーストラリア戦(16日)を取材した。

 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定で得たPK(後半13分)とGLT(ゴール・ライン・テクノロジー)という最新技術で確認された決勝点(同35分)に救われ、苦しみながらの2―1の白星発進となったが、先発フル出場したパリSGの19歳FWエムバペを筆頭に、若手主体のチームにとっては大きな1勝となった。

 今回のフランスは、2年前の欧州選手権準優勝時の主力だったMFパイエ(マルセイユ)やDFエブラ(ウエストハム)といった年齢の高い選手を次々と外して若返りを図ったが、フレッシュな分、大舞台の経験不足が懸念された通り、オーストラリアの堅守に大いに苦しめられた。

 エースFWグリーズマン(アトレチコ・マドリード)のPKによる先制点直後に24歳のDFウンティティ(バルセロナ)が、不用意なハンドを犯したのは、その象徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る