フランス20年ぶりVへ カギはベテランと若手の融合にあり

公開日: 更新日:

 母国開催の1998年以来、20年ぶりのW杯優勝を狙うフランスの初戦オーストラリア戦(16日)を取材した。

 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定で得たPK(後半13分)とGLT(ゴール・ライン・テクノロジー)という最新技術で確認された決勝点(同35分)に救われ、苦しみながらの2―1の白星発進となったが、先発フル出場したパリSGの19歳FWエムバペを筆頭に、若手主体のチームにとっては大きな1勝となった。

 今回のフランスは、2年前の欧州選手権準優勝時の主力だったMFパイエ(マルセイユ)やDFエブラ(ウエストハム)といった年齢の高い選手を次々と外して若返りを図ったが、フレッシュな分、大舞台の経験不足が懸念された通り、オーストラリアの堅守に大いに苦しめられた。

 エースFWグリーズマン(アトレチコ・マドリード)のPKによる先制点直後に24歳のDFウンティティ(バルセロナ)が、不用意なハンドを犯したのは、その象徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る