フランス20年ぶりVへ カギはベテランと若手の融合にあり

公開日:  更新日:

 母国開催の1998年以来、20年ぶりのW杯優勝を狙うフランスの初戦オーストラリア戦(16日)を取材した。

 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定で得たPK(後半13分)とGLT(ゴール・ライン・テクノロジー)という最新技術で確認された決勝点(同35分)に救われ、苦しみながらの2―1の白星発進となったが、先発フル出場したパリSGの19歳FWエムバペを筆頭に、若手主体のチームにとっては大きな1勝となった。

 今回のフランスは、2年前の欧州選手権準優勝時の主力だったMFパイエ(マルセイユ)やDFエブラ(ウエストハム)といった年齢の高い選手を次々と外して若返りを図ったが、フレッシュな分、大舞台の経験不足が懸念された通り、オーストラリアの堅守に大いに苦しめられた。

 エースFWグリーズマン(アトレチコ・マドリード)のPKによる先制点直後に24歳のDFウンティティ(バルセロナ)が、不用意なハンドを犯したのは、その象徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る