大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

公開日:

 コロンビア戦の勝ち点3獲得は、世界中のメディアから「日本に度肝を抜かれた」(英インディペンデント紙)と驚きを持って迎えられた。しかし、ベンチ要員に格下げされたMF本田圭佑(32)はカヤの外だった。

 途中出場でFW大迫勇也の決勝ゴールをお膳立てしたが、メディアで大きく報じられるのは先制ゴールを決めたMF香川真司、大迫、そして就任2カ月半でジャイアントキリングの立役者となった西野監督ばかり。本田は「過去の人」扱いだ。

「事あるごとに本田は『ロシアが集大成』と発言。周囲は『3大会連続W杯出場という勲章を引っ提げて代表から引退するのだろう』と解釈していたが、本田は代表から引退する気なんてサラサラなく、一日でも長く代表選手で居続けるつもりでいる。これには本田のビジネスにも関係している。ビジネス拡大のためには資金が必要。日本代表のブランドがあるだけで企業CM料、スパイク契約料、年俸などポンと跳ね上がる。本田はロシアで健在ぶりをアピールし、大会後も日本代表にしがみつく算段でいた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る