大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

公開日: 更新日:

 コロンビア戦の勝ち点3獲得は、世界中のメディアから「日本に度肝を抜かれた」(英インディペンデント紙)と驚きを持って迎えられた。しかし、ベンチ要員に格下げされたMF本田圭佑(32)はカヤの外だった。

 途中出場でFW大迫勇也の決勝ゴールをお膳立てしたが、メディアで大きく報じられるのは先制ゴールを決めたMF香川真司、大迫、そして就任2カ月半でジャイアントキリングの立役者となった西野監督ばかり。本田は「過去の人」扱いだ。

「事あるごとに本田は『ロシアが集大成』と発言。周囲は『3大会連続W杯出場という勲章を引っ提げて代表から引退するのだろう』と解釈していたが、本田は代表から引退する気なんてサラサラなく、一日でも長く代表選手で居続けるつもりでいる。これには本田のビジネスにも関係している。ビジネス拡大のためには資金が必要。日本代表のブランドがあるだけで企業CM料、スパイク契約料、年俸などポンと跳ね上がる。本田はロシアで健在ぶりをアピールし、大会後も日本代表にしがみつく算段でいた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る