大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

公開日: 更新日:

 コロンビア戦の勝ち点3獲得は、世界中のメディアから「日本に度肝を抜かれた」(英インディペンデント紙)と驚きを持って迎えられた。しかし、ベンチ要員に格下げされたMF本田圭佑(32)はカヤの外だった。

 途中出場でFW大迫勇也の決勝ゴールをお膳立てしたが、メディアで大きく報じられるのは先制ゴールを決めたMF香川真司、大迫、そして就任2カ月半でジャイアントキリングの立役者となった西野監督ばかり。本田は「過去の人」扱いだ。

「事あるごとに本田は『ロシアが集大成』と発言。周囲は『3大会連続W杯出場という勲章を引っ提げて代表から引退するのだろう』と解釈していたが、本田は代表から引退する気なんてサラサラなく、一日でも長く代表選手で居続けるつもりでいる。これには本田のビジネスにも関係している。ビジネス拡大のためには資金が必要。日本代表のブランドがあるだけで企業CM料、スパイク契約料、年俸などポンと跳ね上がる。本田はロシアで健在ぶりをアピールし、大会後も日本代表にしがみつく算段でいた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか