• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

 コロンビア戦の勝ち点3獲得は、世界中のメディアから「日本に度肝を抜かれた」(英インディペンデント紙)と驚きを持って迎えられた。しかし、ベンチ要員に格下げされたMF本田圭佑(32)はカヤの外だった。

 途中出場でFW大迫勇也の決勝ゴールをお膳立てしたが、メディアで大きく報じられるのは先制ゴールを決めたMF香川真司、大迫、そして就任2カ月半でジャイアントキリングの立役者となった西野監督ばかり。本田は「過去の人」扱いだ。

「事あるごとに本田は『ロシアが集大成』と発言。周囲は『3大会連続W杯出場という勲章を引っ提げて代表から引退するのだろう』と解釈していたが、本田は代表から引退する気なんてサラサラなく、一日でも長く代表選手で居続けるつもりでいる。これには本田のビジネスにも関係している。ビジネス拡大のためには資金が必要。日本代表のブランドがあるだけで企業CM料、スパイク契約料、年俸などポンと跳ね上がる。本田はロシアで健在ぶりをアピールし、大会後も日本代表にしがみつく算段でいた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る