他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

公開日: 更新日:

 初戦の日本戦に負けたコロンビア。敗因はMFのC・サンチェス(32=エスパニョール)の反則によるPKと一発退場による数的不利だった。「勝ち点3」を計算していた格下の日本に、まさかの黒星で、熱狂的なコロンビア国民の批判はC・サンチェスに集中しているという。

 そこで心配されているのが「エスコバルの悲劇」の再来だ。1994年大会で優勝候補の一角だったコロンビアは、1次リーグ第2戦の米国戦でDFエスコバルが痛恨のオウンゴール。1―2で敗れ2敗となり、決勝トーナメント進出を逃した。エスコバルは帰国した直後、暴漢の銃撃により27歳でこの世を去った。

 2大会連続6回目の出場で初優勝を狙うコロンビア。今回も1次リーグ敗退となれば、日本戦でPKを献上したC・サンチェスは帰国を拒否するかもしれない。

 初戦のスウェーデン戦を0―1で落とした韓国選手もC・サンチェスの一件は他人事ではないだろう。0―0で迎えた後半18分にDF金民友がペナルティーエリア内で相手選手をスライディングタックルで倒した。主審はそのまま流したが、その後VAR(ビデオ判定)の結果、PKとなり0―1で負けた。この敗戦に国民は怒り心頭。韓国メディアによれば、選手を名指しで批判する声や有効シュートが1本もなかった不甲斐ない戦いぶりへの不満が、大統領府のHPにある掲示板に多数寄せられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る