• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

 初戦の日本戦に負けたコロンビア。敗因はMFのC・サンチェス(32=エスパニョール)の反則によるPKと一発退場による数的不利だった。「勝ち点3」を計算していた格下の日本に、まさかの黒星で、熱狂的なコロンビア国民の批判はC・サンチェスに集中しているという。

 そこで心配されているのが「エスコバルの悲劇」の再来だ。1994年大会で優勝候補の一角だったコロンビアは、1次リーグ第2戦の米国戦でDFエスコバルが痛恨のオウンゴール。1―2で敗れ2敗となり、決勝トーナメント進出を逃した。エスコバルは帰国した直後、暴漢の銃撃により27歳でこの世を去った。

 2大会連続6回目の出場で初優勝を狙うコロンビア。今回も1次リーグ敗退となれば、日本戦でPKを献上したC・サンチェスは帰国を拒否するかもしれない。

 初戦のスウェーデン戦を0―1で落とした韓国選手もC・サンチェスの一件は他人事ではないだろう。0―0で迎えた後半18分にDF金民友がペナルティーエリア内で相手選手をスライディングタックルで倒した。主審はそのまま流したが、その後VAR(ビデオ判定)の結果、PKとなり0―1で負けた。この敗戦に国民は怒り心頭。韓国メディアによれば、選手を名指しで批判する声や有効シュートが1本もなかった不甲斐ない戦いぶりへの不満が、大統領府のHPにある掲示板に多数寄せられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る