他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

公開日:  更新日:

 初戦の日本戦に負けたコロンビア。敗因はMFのC・サンチェス(32=エスパニョール)の反則によるPKと一発退場による数的不利だった。「勝ち点3」を計算していた格下の日本に、まさかの黒星で、熱狂的なコロンビア国民の批判はC・サンチェスに集中しているという。

 そこで心配されているのが「エスコバルの悲劇」の再来だ。1994年大会で優勝候補の一角だったコロンビアは、1次リーグ第2戦の米国戦でDFエスコバルが痛恨のオウンゴール。1―2で敗れ2敗となり、決勝トーナメント進出を逃した。エスコバルは帰国した直後、暴漢の銃撃により27歳でこの世を去った。

 2大会連続6回目の出場で初優勝を狙うコロンビア。今回も1次リーグ敗退となれば、日本戦でPKを献上したC・サンチェスは帰国を拒否するかもしれない。

 初戦のスウェーデン戦を0―1で落とした韓国選手もC・サンチェスの一件は他人事ではないだろう。0―0で迎えた後半18分にDF金民友がペナルティーエリア内で相手選手をスライディングタックルで倒した。主審はそのまま流したが、その後VAR(ビデオ判定)の結果、PKとなり0―1で負けた。この敗戦に国民は怒り心頭。韓国メディアによれば、選手を名指しで批判する声や有効シュートが1本もなかった不甲斐ない戦いぶりへの不満が、大統領府のHPにある掲示板に多数寄せられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る