他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

公開日:  更新日:

 初戦の日本戦に負けたコロンビア。敗因はMFのC・サンチェス(32=エスパニョール)の反則によるPKと一発退場による数的不利だった。「勝ち点3」を計算していた格下の日本に、まさかの黒星で、熱狂的なコロンビア国民の批判はC・サンチェスに集中しているという。

 そこで心配されているのが「エスコバルの悲劇」の再来だ。1994年大会で優勝候補の一角だったコロンビアは、1次リーグ第2戦の米国戦でDFエスコバルが痛恨のオウンゴール。1―2で敗れ2敗となり、決勝トーナメント進出を逃した。エスコバルは帰国した直後、暴漢の銃撃により27歳でこの世を去った。

 2大会連続6回目の出場で初優勝を狙うコロンビア。今回も1次リーグ敗退となれば、日本戦でPKを献上したC・サンチェスは帰国を拒否するかもしれない。

 初戦のスウェーデン戦を0―1で落とした韓国選手もC・サンチェスの一件は他人事ではないだろう。0―0で迎えた後半18分にDF金民友がペナルティーエリア内で相手選手をスライディングタックルで倒した。主審はそのまま流したが、その後VAR(ビデオ判定)の結果、PKとなり0―1で負けた。この敗戦に国民は怒り心頭。韓国メディアによれば、選手を名指しで批判する声や有効シュートが1本もなかった不甲斐ない戦いぶりへの不満が、大統領府のHPにある掲示板に多数寄せられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る