次戦も徹底マーク確実…ネイマール練習復帰も晴れぬ不安

公開日:

 20日、右足の状態が懸念されていたブラジル代表のFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)がチーム練習に復帰。ブラジルサッカー連盟が公式ツイッターで、トレーニング風景の動画とともに「普段通りに参加している」と伝えた。

 ネイマールは、17日のスイス戦でここ20年のW杯で最多となる「1試合10ファウル」という執拗なマークを受け、古傷の右足首を負傷。19日のチーム練習をわずか10分で早退、右足を引きずりながら姿を消していた。

 今年2月に右足中足骨を骨折し、手術から復帰したばかり。ケガといえば、母国開催となった前回W杯決勝トーナメントでの脊椎骨折という苦い思い出もある。

 チームがツイッターでファンの不安を払拭したものの、次戦の1次リーグE組のコスタリカ戦(22日)以降も当然、絶対的エースへの徹底的なマークが予想される。初戦で引き分けたスイスがそうしたように、ネイマールを削り、潰すことが勝ち点を挙げる最も手っ取り早い“戦術”となるだけに、王国のファンは気の休まらない日が続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る