• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

 ロシアW杯開幕前から「常に勇気を持って臨むべし」と言ってきた。

 開幕2カ月前になって指揮官が代わり、西野ジャパンを形作っていくには、あまりにも時間が短すぎる。ゆえに「勇気を持って」である。

 攻撃しかり、もちろん守備しかり。自ゴール前に引いて守り倒すではなく、相手選手にプレッシャーをかけながら積極的に前に! 前に! と勇気を持って出ていくことが大事だと思った。

 特にセネガルの選手には高い、速い、強いの三拍子がそろっている。

 フィジカル面も含めて個々の選手の能力が高い分、運動量で負けていては話にならない。とにかく動き回って局面ごとに数的優位をつくる――。

 前半の日本選手には及第点を与えていいだろう。GK川島のミスによる失点(11分)もあったが、選手全員がアグレッシブに戦っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る