日本が価値あるドロー ポーランドに引き分け以上で決勝Tへ

公開日: 更新日:

 グループ最強と目されたセネガルを相手に、日本代表が死闘を演じた。

 日本時間25日午前0時にキックオフした試合。先制したのはセネガルだった。前半11分、右サイドからのクロスを拾ったDFサバリがシュート。こぼれ球がFWマネ(26=リバプール)の足に当たり、ゴールに吸い込まれた。相手クロスに頭で対応した原口のクリアが短く、さらに低弾道のシュートに対してGK川島が横ではなく前にパンチング。開始早々に致命的な2つのミスが重なっての失点に、重苦しいムードが漂った。

 が、前半34分に日本が空気を一変させる。自陣センターサークル付近からMF柴崎が、左サイドを駆け上がるDF長友にロングパス。後方にいたMF乾(30=ベティス)がボールを受けると、細かいステップでマークを外し、右足を振り抜く。外から巻くようにカーブをかけたシュートがゴール右隅に決まって同点。「思い切って打った。使ってくれた監督の期待に応えたかった」と喜びを爆発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る