日本が価値あるドロー ポーランドに引き分け以上で決勝Tへ

公開日: 更新日:

 グループ最強と目されたセネガルを相手に、日本代表が死闘を演じた。

 日本時間25日午前0時にキックオフした試合。先制したのはセネガルだった。前半11分、右サイドからのクロスを拾ったDFサバリがシュート。こぼれ球がFWマネ(26=リバプール)の足に当たり、ゴールに吸い込まれた。相手クロスに頭で対応した原口のクリアが短く、さらに低弾道のシュートに対してGK川島が横ではなく前にパンチング。開始早々に致命的な2つのミスが重なっての失点に、重苦しいムードが漂った。

 が、前半34分に日本が空気を一変させる。自陣センターサークル付近からMF柴崎が、左サイドを駆け上がるDF長友にロングパス。後方にいたMF乾(30=ベティス)がボールを受けると、細かいステップでマークを外し、右足を振り抜く。外から巻くようにカーブをかけたシュートがゴール右隅に決まって同点。「思い切って打った。使ってくれた監督の期待に応えたかった」と喜びを爆発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る