ネイマールのPKも覆る…ブラジルにVARというもう一つの敵

公開日: 更新日:

 ゲームが終わった直後、両手で顔を覆って涙したネイマールの姿が苦しい戦いを象徴していた。

 初戦のスイス戦を引き分けたブラジル。攻勢をかけたが、コスタリカの堅い守りをこじ開けることができない。ゲームが動いたのは、後半アディショナルタイムが6分と表示された、その1分後だった。まずはMFコウチーニョ(26=バルセロナ)がGKの股下を抜くシュートで先制点。6分後にはFWドウグラスコスタ(27=ユベントス)の折り返しをFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)が左足で合わせて今大会初ゴールを決めた。

 2試合連続の引き分けが濃厚だったブラジルが、最後の最後でらしさを見せた。南米のサッカー事情に詳しい田崎健太氏(ノンフィクション作家)は、ブラジル苦戦の理由についてこう語る。

「5バックのコスタリカはGKのナバス(31=Rマドリード)とDF陣のコンビネーションが抜群だった。DF陣はGKを信頼し、シュートコースを“あえて”開けてブラジル選手に打たせていた。だからシュートのほとんどはGKの正面だった。ブラジルは苦しい展開が続き、多くの選手がファウル欲しさにピッチに倒れ込んだ。これはブラジルの選手がよく使う手ですが、主審はほとんど認めなかった。後半32分のネイマールもそうです。ゴール前で切り返した際に倒されてPKを得たものの、VAR(ビデオ判定)で覆った。ファウルをもらいに行かなければならないほど、追いつめられていたということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る