ネイマールのPKも覆る…ブラジルにVARというもう一つの敵

公開日:  更新日:

 ゲームが終わった直後、両手で顔を覆って涙したネイマールの姿が苦しい戦いを象徴していた。

 初戦のスイス戦を引き分けたブラジル。攻勢をかけたが、コスタリカの堅い守りをこじ開けることができない。ゲームが動いたのは、後半アディショナルタイムが6分と表示された、その1分後だった。まずはMFコウチーニョ(26=バルセロナ)がGKの股下を抜くシュートで先制点。6分後にはFWドウグラスコスタ(27=ユベントス)の折り返しをFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)が左足で合わせて今大会初ゴールを決めた。

 2試合連続の引き分けが濃厚だったブラジルが、最後の最後でらしさを見せた。南米のサッカー事情に詳しい田崎健太氏(ノンフィクション作家)は、ブラジル苦戦の理由についてこう語る。

「5バックのコスタリカはGKのナバス(31=Rマドリード)とDF陣のコンビネーションが抜群だった。DF陣はGKを信頼し、シュートコースを“あえて”開けてブラジル選手に打たせていた。だからシュートのほとんどはGKの正面だった。ブラジルは苦しい展開が続き、多くの選手がファウル欲しさにピッチに倒れ込んだ。これはブラジルの選手がよく使う手ですが、主審はほとんど認めなかった。後半32分のネイマールもそうです。ゴール前で切り返した際に倒されてPKを得たものの、VAR(ビデオ判定)で覆った。ファウルをもらいに行かなければならないほど、追いつめられていたということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る