ネイマールのPKも覆る…ブラジルにVARというもう一つの敵

公開日: 更新日:

 ゲームが終わった直後、両手で顔を覆って涙したネイマールの姿が苦しい戦いを象徴していた。

 初戦のスイス戦を引き分けたブラジル。攻勢をかけたが、コスタリカの堅い守りをこじ開けることができない。ゲームが動いたのは、後半アディショナルタイムが6分と表示された、その1分後だった。まずはMFコウチーニョ(26=バルセロナ)がGKの股下を抜くシュートで先制点。6分後にはFWドウグラスコスタ(27=ユベントス)の折り返しをFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)が左足で合わせて今大会初ゴールを決めた。

 2試合連続の引き分けが濃厚だったブラジルが、最後の最後でらしさを見せた。南米のサッカー事情に詳しい田崎健太氏(ノンフィクション作家)は、ブラジル苦戦の理由についてこう語る。

「5バックのコスタリカはGKのナバス(31=Rマドリード)とDF陣のコンビネーションが抜群だった。DF陣はGKを信頼し、シュートコースを“あえて”開けてブラジル選手に打たせていた。だからシュートのほとんどはGKの正面だった。ブラジルは苦しい展開が続き、多くの選手がファウル欲しさにピッチに倒れ込んだ。これはブラジルの選手がよく使う手ですが、主審はほとんど認めなかった。後半32分のネイマールもそうです。ゴール前で切り返した際に倒されてPKを得たものの、VAR(ビデオ判定)で覆った。ファウルをもらいに行かなければならないほど、追いつめられていたということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚