W杯前にブレーメンと契約 大迫はもったいなさも“半端ない”

公開日: 更新日:

 コロンビア戦で決勝ゴールを決めたFW大迫勇也(28)の注目度が、グングン右肩上がり中だ。

 代名詞「半端ない」は英紙ガーディアンが「凄い、信じられないという意味でhampanaiが使われている」と報じるなど世界中に拡散しており、「今年の流行語大賞の最有力候補」と話すマスコミ関係者は多い。

 その大迫は、所属するブンデスリーガ1部ケルンが2部落ちしたこともあって、W杯前の5月に同1部ブレーメンへの移籍が発表された。ブレーメンは点取り屋としての能力を高く評価。前所属のケルンに移籍金7億円を払い、年俸はケルン時代の1億7000万円から2億円(3年契約)にアップしたともっぱら。

 サッカー関係者が「それにしても大迫はもったいないことをしたものだ」とこう続ける。

「契約をW杯本大会の後に交わしていたら<本大会でゴールを決めた男>としてブレーメンも、より良い条件を提示しただろうし、もし1次リーグ残りのセネガル戦、ポーランド戦でゴールを決めて決勝トーナメントに進出し、そこでも点を取れば2億円の年俸が、倍の4億円にハネ上がっていた。当然、付帯条件も手厚くなっていた。W杯で活躍し、ビッグネームの仲間入りを果たすとブンデスリーガの勝利給や特別ボーナスなどの額もドンとアップ。地元スポンサー企業からのCM契約のオファーも届くだろうし、年俸アップ分や勝利給、CM契約金などを合わせて3億円ほど“損した”勘定になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感