W杯前にブレーメンと契約 大迫はもったいなさも“半端ない”

公開日:

 コロンビア戦で決勝ゴールを決めたFW大迫勇也(28)の注目度が、グングン右肩上がり中だ。

 代名詞「半端ない」は英紙ガーディアンが「凄い、信じられないという意味でhampanaiが使われている」と報じるなど世界中に拡散しており、「今年の流行語大賞の最有力候補」と話すマスコミ関係者は多い。

 その大迫は、所属するブンデスリーガ1部ケルンが2部落ちしたこともあって、W杯前の5月に同1部ブレーメンへの移籍が発表された。ブレーメンは点取り屋としての能力を高く評価。前所属のケルンに移籍金7億円を払い、年俸はケルン時代の1億7000万円から2億円(3年契約)にアップしたともっぱら。

 サッカー関係者が「それにしても大迫はもったいないことをしたものだ」とこう続ける。

「契約をW杯本大会の後に交わしていたら<本大会でゴールを決めた男>としてブレーメンも、より良い条件を提示しただろうし、もし1次リーグ残りのセネガル戦、ポーランド戦でゴールを決めて決勝トーナメントに進出し、そこでも点を取れば2億円の年俸が、倍の4億円にハネ上がっていた。当然、付帯条件も手厚くなっていた。W杯で活躍し、ビッグネームの仲間入りを果たすとブンデスリーガの勝利給や特別ボーナスなどの額もドンとアップ。地元スポンサー企業からのCM契約のオファーも届くだろうし、年俸アップ分や勝利給、CM契約金などを合わせて3億円ほど“損した”勘定になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る