• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯前にブレーメンと契約 大迫はもったいなさも“半端ない”

 コロンビア戦で決勝ゴールを決めたFW大迫勇也(28)の注目度が、グングン右肩上がり中だ。

 代名詞「半端ない」は英紙ガーディアンが「凄い、信じられないという意味でhampanaiが使われている」と報じるなど世界中に拡散しており、「今年の流行語大賞の最有力候補」と話すマスコミ関係者は多い。

 その大迫は、所属するブンデスリーガ1部ケルンが2部落ちしたこともあって、W杯前の5月に同1部ブレーメンへの移籍が発表された。ブレーメンは点取り屋としての能力を高く評価。前所属のケルンに移籍金7億円を払い、年俸はケルン時代の1億7000万円から2億円(3年契約)にアップしたともっぱら。

 サッカー関係者が「それにしても大迫はもったいないことをしたものだ」とこう続ける。

「契約をW杯本大会の後に交わしていたら<本大会でゴールを決めた男>としてブレーメンも、より良い条件を提示しただろうし、もし1次リーグ残りのセネガル戦、ポーランド戦でゴールを決めて決勝トーナメントに進出し、そこでも点を取れば2億円の年俸が、倍の4億円にハネ上がっていた。当然、付帯条件も手厚くなっていた。W杯で活躍し、ビッグネームの仲間入りを果たすとブンデスリーガの勝利給や特別ボーナスなどの額もドンとアップ。地元スポンサー企業からのCM契約のオファーも届くだろうし、年俸アップ分や勝利給、CM契約金などを合わせて3億円ほど“損した”勘定になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る