“噛み付き男”が優男に スアレスは問題児を卒業したのか?

公開日:

 えらく落ち着いたものだ。ウルグアイのストライカー、スアレス(31=バルセロナ)のことである。

 1次リーグ最終戦となったロシア戦前半10分、強烈なグラウンダーのFKで先制ゴールを決めるなど、A組1位通過に貢献。「決勝トーナメント進出が目標だった。これからは歴史を塗り替えたい」と意気込んだ。

 スアレスといえば、2014年ブラジル大会のイタリア戦で、相手DFの肩にガブリと噛みついて大会から追放されるなど、数々の奇行をはたらいてきた問題児だ。

 ブラジル大会直後にスペインリーグのバルセロナに入団した際は、契約に「噛みつき禁止」の条項が盛り込まれ、違反した際には300万ポンド(約5億円)の罰金が科されると報じられた。「噛みつかれる被害者はダレか」ということがブックメーカーの賭けの対象になったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る