“噛み付き男”が優男に スアレスは問題児を卒業したのか?

公開日: 更新日:

 えらく落ち着いたものだ。ウルグアイのストライカー、スアレス(31=バルセロナ)のことである。

 1次リーグ最終戦となったロシア戦前半10分、強烈なグラウンダーのFKで先制ゴールを決めるなど、A組1位通過に貢献。「決勝トーナメント進出が目標だった。これからは歴史を塗り替えたい」と意気込んだ。

 スアレスといえば、2014年ブラジル大会のイタリア戦で、相手DFの肩にガブリと噛みついて大会から追放されるなど、数々の奇行をはたらいてきた問題児だ。

 ブラジル大会直後にスペインリーグのバルセロナに入団した際は、契約に「噛みつき禁止」の条項が盛り込まれ、違反した際には300万ポンド(約5億円)の罰金が科されると報じられた。「噛みつかれる被害者はダレか」ということがブックメーカーの賭けの対象になったこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る